世界の反応を海外在住日本人が暴露!強行開催五輪の海外視線!

2021年7月23日から開催が予定されている東京オリンピック。
日本では東京オリンピック開催に関して、反対意見が7割ほど占めているようですね。

私はニュージーランドに住んでいるのですが、

日本はオリンピック本当にやる予定でいるの?
それについてどう思う?

と、先日聞かれたばかり。

「日本が東京オリンピックを開催する予定でいる」ということに、驚きを隠せないといった表情でした。
ふと、「世界の反応はどんな感じなんだろう?」と思ったので、海外在住日本人の協力のもと、世界の反応についていろいろと聞いてみました!

スポンサーリンク



 
 

東京オリンピック2021開催に関する世界の反応は?

どちらかというと賛成派

賛成派の国はありませんでした。
 
 

興味なし

タイ在住44歳女性
タイ人からは特に表立っての反対・賛成意見は私の周りの人間からも、SNS上やニュースなどでも目にすることはありません。
ニュースで取り上げられているのは、下記のような客観的な日本の現状や状況説明ばかりです。

-アメリカが日本への旅行延期を推奨している。
-日本はワクチン接種において他の先進国に遅れをとっている。
-日本は現在でも6,000人ほどの感染者が出ている。
-日本国民の世論調査によると日本人の70%は開催に反対している。
-オリンピックを中止した場合には莫大な経済的損失を引き起こすが、開催した場合には新たなパンデミックを引き起こし、それによる経済損失は中止した場合の比ではないといわれている。

タイ在住日本人からは開催に反対する声しか聞こえませんね。
日本の感染状況が落ち着かない限り容易に一時帰国もできない状態ですので、海外在住者としては感染拡大につながるだけであろうオリンピックの開催に好意的ではいられません。

イギリス在住33歳女性
残念ながら住んでいる地元ではまったく話を聞きませんが、スーパーで「オリンピックだからかなあ」というようなデザインのTシャツが売られています。
周りの人も話題にすることはありません。
私が日本人と知っている人は、オリンピックのことよりもコロナワクチンの接種状況や、私自身の家族は大丈夫かを聞いてくれるくらいです。
地元ではなく、全国ニュースの番組を見たり聴いたりしていても、普段は話題に上がることはありません。
全国ニュース番組の海外の話の時に、オリンピック関連の話を取り上げた時も「中止か開催か」という点に焦点が当たっていたくらいでした。
むしろ、来るホリデーシーズンに備えて政府から渡航許可の出ているヨーロッパ各国の行き先についての話題のほうが、頻繁に取り上げられている状態です。
チェコ共和国在住54歳女性
チェコ共和国ではもともと夏季オリンピック出場者が多くないので、あまり関心が高いほうではないと思います。
しかし、東京オリンピックに関しては全体的には好意的であり、日本語で「チェコ共和国」と書かれたTシャツが売られていたりオフィシャルスポンサーの看板がかかっていたりします。
またニュース以外のテレビ番組でも東京について取り上げたりされており、オリンピックが開かれる都市「東京」に関しての国民の関心は低くないと思います。
チェコ人と個人的に話すと「あなたは(日本人として)オリンピックの開催についてどう思っている?」という質問をよく受け、話題としてはよく上がります。
一方チェコに住む日本人以外の外国人は、東京オリンピックに関して関心を持っている人は少なく、おしゃべりする機会があっても全く話題に上がりません。
アイルランド在住49歳女性
特に目立った反応は目にしません。
TVニュースなどでも取りざたされることはないし、アイルランドの誰か(政治家・オリンピック関連人物)がオリンピックに関して何かしらのコメントを発したという話は聞きません。
ヨーロッパで開催する陸上競技などにアイルランドの選手たちが参加しているのをTVで観るので、オリンピックが開催される前提で、選手たちは様々な試合に参加して準備をしています。
私の周りの人たちも、私に「オリンピックの開催がどうなるか?」とか聞いてきたりとか意見したりはしません。

【ここからは私の憶測です】
2019年にラグビーのワールドカップがあって、アイルランドの人達はそっちで日本に行って楽しんで盛り上がった(盛り下がった…)ので、気にしている人が少ないのかも?
これはコロナの前からなんですが、夏はとにかく海外旅行に行ってお日様を楽しみたい人たちなので、今年は特に去年行けなかった分、オリンピックよりもスペインにサンホリデーに行けるかどうかの方が気になっているんではなかろうかと思います。

ルクセンブルク在住56歳女性
「やるなら参加する、選手の選出はできている」といった感じです。
ただ、「日本のコロナの対応は遅れている」という話は伝わっています。
今日の時点で死者一人、新たな感染者一名、ワクチンは現在50歳代前半まで来ているので、日本の対応は遅いとされています。
人口差はあるけれど、「抑え込みが効いていない」というのはわかっている模様です。
こちらは国境を越えての移動が激しいので、テストは有料です。
日本の政府の言うところの鼻ぬぐい採集というのはもう使われていません。
この対応のままでも、きっとオリンピック枠として日本に入国するのだろうな、と思われます。
様子見程度、オリンピックについてはまったく盛り上がりを見せていません。
まずは自分の国の地域イベント復活が第一な模様です。
フィリピン在住40歳女性
あまり国民全体、オリンピックというものに関心がないというか、知らない人も多く、オリンピックに対しての反応がありません。
この国はもともとみんな瞬発力もあるし、運動神経はとても高い国だと思うのですが、ちゃんとした指導者もいない、頑張るという努力をする人もそんなに多くない印象なので、良いスポーツ選手が育っていません。
もちろんボクシングのパッキャオ選手のように努力する人もいますが。。。
スポーツは好きだけど、極めるということがほとんどないし、家にテレビがない家庭もまだまだ多いので、オリンピックというもの自体を知らない人の方が多いと思います。
そのため、オリンピック開催に関して関心を持っている人はあまり多くないイメージです。
フランス在住46歳女性
正直に言えば、スポーツ関係者を除いた一般大衆の大半は東京オリンピック開催の可否に全く興味はなく、どうでも良いというスタンスです。
それよりも、いち早くコロナワクチンを接種して6~8月のバカンス計画をどうするかで頭の中は一杯。
また、「2024年の自国開催パリ五輪をどうやって成功させるかのみを考えている」というのが本音です。
他人から干渉されるのを嫌い、他人も干渉しない国民性なので、口出しせずに成り行きを受け入れる雰囲気を感じます。
仮に、無観客実施などイレギュラーな対応になったり、完全に中止になっても、「あ!そうなの?しょうがないよね~、セ・ラ・ヴィ!(=ま、人生そんなもんよね)」と軽く受け流せる柔軟性は、ある意味非常に前向きで、生産性・合理性が高いと思います。
 
 

どちらかというと反対派

アメリカ在住20歳女性
批判的な意見が多いのは明らかです。
やはり、延期、または中止を望んでいる声をよく耳にします。
選手たちが他国(それも日本、先進国で一番ワクチン接種が遅れている国)にコロナ禍で行かせ、競技させるのはやはり納得がいかないようです。
しかしながら、あまりもう気にしていないという声もよく聞きます。
オリンピックは開催しても開催しなくてどっちでもいいという意見です。
感染対策をある程度しているならばどちらでも構わないというのです。
また、オリンピックでとても印象的なバッハ会長が「オリンピックを開催するのには賛成」だという意見を述べていることから、人々の東京オリンピックに対しての意見は少しずつ変わってきているといえると思います。
カナダ在住32歳女性
カナダは現在、コロナウイルスの対応は世界的に見るとシビアな方です。
未だにロックダウンして不自由な暮らしを強いられている人たちが多いので、今年オリンピックを行うことに対しては悲観的な見方をしている人が多いように感じます。
中には「カナダの選手を日本に派遣するなんて信じられない」と考える人もいます。
ワクチン接種が日本はカナダに比べて進んでいないので、日本はコロナが蔓延していると考えている人も少なくないです。
全体的にみると、「こんなパンデミックの中でのオリンピックという国際的大イベントはすべきではない」と考える人が大半でしょう。
もし多くの国が選手派遣を中止したら、開催出来たは良いとしてもオリンピック後に日本がとてつもない赤字に陥るのではないかと心配している人もいます。
タイ在住38歳女性
本当に東京でオリンピックやるの?と聞かれますが「私は分からない」と答えると「開催はやめた方がいいのに…」という反応が返ってきます。
ラジオやテレビ、SNSでもオリンピックの話題が出てきているので関心はある様ですが、今、観戦可能であったとしても日本へオリンピックを見に行きたいと思っていた人は少ない様です。
タイ人は親日家の方が多く、自由に旅行が出来る様になったら日本へ遊びに行きたいと思っているので日本の感染者が増える事を心配している様に思います。
新型コロナウィルス発生前、東京オリンピックに合わせて飛行機やホテルと予約しているタイ人の方が居ましたが、オリンピック開催が1年後に延期になった時に全て計画をキャンセルしたと聞きました。
ニュージーランド在住37歳女性
ニュージーランドではあまり東京オリンピックに関してのニュースを見かけることがありません。
しかし、今のところニュージーランドではコロナウィルスの封じ込めに成功していて、新しいコロナ感染者のケースも海外からの帰国者のみで隔離・管理されているのでコミュニティでの感染者はおらず、日本でのコロナの現状とはとても異なっています。
ニュースでは話題になっておりませんが、周りの人たちの反応や会話を通じて感じるのは、ニュージーランドでは東京オリンピックの開催には反対の声が多いように感じます。
とてもじゃないけど、あの日本のコロナ渦の中に観戦しにいくなんて考えられないし、聖火リレーが行われていると伝えると誰もが信じられないという反応を示します。

アメリカ在住41歳男性
「中止すべき」という意見が圧倒的に多いです。
理由として一番多く挙げられているのが、「新型コロナウイルスが世界共通のウイルスで、悪影響があるから」という事です。
東京オリンピック2021は日本での開催ですが、世界各国の選手団やスタッフ、関係者やメディアが日本に行きます。
そうした際に懸念しているのは、外国から日本にコロナウイルスを持ち込み、日本での感染者が増え、オリンピックが終了して各外国の選手団やスタッフ、関係者やメディアが日本からコロナウイルスを母国に持ち帰り、各国の感染者がまた増えるのではないか‥という事です。
日本では実際にワクチンが全体数で少なく、オリンピック開催時には高齢者全てが打ち終わらないとされていますし、若者等はオリンピック終了後に接種開始とされています。
そんな状態で、少なくともアメリカ人は「計画性のない危険極まりない日本には行きたくない」と言う人も非常に多くいます。
日本に限った事ではありませんが、日本でも未だ毎日コロナウイルスによる死者が出ているのに、「スポーツの祭典」と言って死者を横目にお祭りをするという非人道的な考え方は、多くのアメリカ人が間違っていると非難しています。
最新の情報では「オリンピックの為に公園等にパブリックビューイング会場を設置する」とされていますが、日本は世界にコロナウイルスを蔓延させたいと考えているのでしょうか‥
あり得ません‥
アメリカでは「東京オリンピック2021は中止したほうが良い」と言っている人の声が圧倒的に多いので、アメリカ同様の先進国である日本でも、「東京オリンピック2021を中止するべき」という事を国民が是非叫んで政治家に伝えてほしいと思います。
新型コロナウイルスは日本だけの問題では無いのですから‥
開催されれば「史上初の無責任開催」と各国から非難され、日本という国の信頼性も失う事でしょう。
 
 

 
 
スポンサーリンク



まとめ


東京オリンピック2021開催に関する世界の反応は、意外にも興味が無かったり、反対派が圧倒的に多いようですね。
賛成派は1ヶ国もありませんでした。

今後日本の動きはどうなっていくのでしょうか?
世界中の多くの人が注目していくことになるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ニュージーランドの南島でファーム暮らしをしているカブラルです。 旅行、美味しいご飯とお酒、楽しいことの企画が大好きです。 ファームステイや南島周遊ツアー、ワーホリサポートを提供しており、皆さんのニュージーライフを楽しいものにするお手伝いをしています♪