海外移住者のお金の移動方法!貯金を日本から引き出す為の得策とは?

新型コロナもだんだんと落ち着きを見せ始めてきましたね。

しかし今回のコロナ騒動で、働き方改革がおこり、人々の生活や考え方も大きく変わりました。

FIRE(経済的自由・早期退職)に注目が集まったのは最近のことです。

働き方が改められ、FIREという理念が生まれ、将来的にPC1つで海外で働く事も可能になりました。

周りを海に囲まれた日本で育った私達にとって、海外移住はとても魅力的です。

しかしそれ故に、移住を決めた後のお金の移動に関して、とても無知であると言えます。

海外移住を考えるならば、ある程度の貯金があるということだと思います。

では、海外移住する場合のお金の移動、貯金口座の有無はどうしたらいいのでしょうか?

今回の記事では、海外移住者がすすめるお金の移動方法も紹介していきます。

 

海外移住しても日本の銀行口座は維持できる?

日本にある貯金を海外へ送金する場合、日本の銀行口座を残しておく必要があります。

海外に長期滞在する場合、海外異動届や住民票の移動手続きが必要です。

そうした手続きを踏むと、銀行口座が使えなくなる場合があります。

以下、日本の銀行口座を残す方法をご紹介します。

 

日本の銀行口座をそのまま残す

実家・現存の持ち家の住所に住民票を残したままにすることです。

この場合、日本国内で年金や保険、各種税金などの支払いの義務が生じます。

銀行からの郵便物はこの住所に届くので注意してください。

その他諸々の使用は、インターネットバンキングによって通常通り使えます。

念の為日本の銀行口座は保有しておく、という考え方も安心ですね。

 

 

日本の銀行口座に代理人をつける

ほとんどの銀行では、口座の名義人とは別の代理人を立てることができます。

事前に代理人届と委任状を提出する必要があります。

これによって、登録された代理人が銀行のサービスを使うことができます。

この場合、銀行の登録住所を代理人のものに変更しておく必要があります。

銀行から送られてくる書類などは、この代理人の元に届くことになります。

 

 

非居住者用口座を開設する

利用中の銀行に、非居住者用口座があるか否かを確認しましょう。

ネットバンクのほとんどは、非住居者用口座がありません。

その場合は銀行口座を解約し、非居住者用口座のある銀行で新たに開設しましょう。

日本を出国する前に申請しておくことが大切です。

そうすることで、海外からでも銀行のサービスが使えるようになります。

 

 

海外移住のお金の移動①貯金をハンドキャリー

 

日本の銀行でまとまった現金を引き出し、そのお金をハンドキャリーで持ち込む方法です。

  • 日本円を日本の両替店や銀行で現地通貨に両替して持ち込む
  • 日本円を移住先で現地通貨に両替する

 

ほとんどの人が知っている、シンプルなやり方ですね。

しかし、預金全てをハンドキャリーするというのは、あまり現実的ではありません。

更に、以下の2点には注意が必要です。

  • 換金するには15%ほどの手数料がかかる
  • 持ち込む現金の額には国ごとに上限がある

 

換金手数料もばかになりませんね。

更に、上限を超える額は持ち込み禁止。

出入国時に税関で申告が必要となります。

 

 

 

海外移住のお金の移動②海外から引き出す

デビットカードやクレジットカードを使って、海外から引き出す方法があります。

それぞれについて解説をしていきます。

 

 

デビットカード

デビットカードはそのまま海外のATMで引き出し可能です。

海外で使えるデビットカードを発行している銀行に限ります。

金利がかからず、クレジットカードと違って発行審査もありません。

以下の銀行でデビットカードが発行できます。

 

銀行名 ATM手数料(税込) 海外事務手数料(税込)
ソニー銀行 220円 1.79%
ジャパンネット銀行 無料 3.08%
三井住友銀行 110円 3.05%
楽天銀行 無料 3.08%
住信SBIネット銀行 無料 2.50%
ゆうちょ銀行 55円 4%

 

 

クレジットカード

殆どのクレジットカードは海外でも使用可能です。

また、クレジットカードを持っているということは信用に繋がるという利点もあります。

海外ではホテル宿泊の際、使用しなくてもクレジットカード提示を求められることもあります。

1枚持っていて、決して損はありません。

使用する場合、為替取扱手数料が1.3%~2.2%ほど取られます。

 

 

海外移住のお金の移動③海外送金サービス

 

海外送金サービスを利用すれば、日本からお金を送金し現地で受け取ることができます。

多くの海外移住者がおすすめするのは、Wiseです。

 

 

かくいう私も、日本・ニュージーランド間のお金の移動に関してはずっとWiseを利用しています。

Wiseを実際に使っていて良いなと思う点は、

  • 本当の為替レートで換金してくれる
  • 隠れたコストが無い
  • スマホで10分程度で手続きが完了する
  • 入金がとにかく早い

の4点です。

 

まず、

本当の為替レートで換金してくれる

隠れたコストが無い

の2点についてですが、他社と比較するとよくわかります。

ちなみに私が持っている日本の銀行口座は、楽天銀行と新生銀行。

そしてPaypalのアカウントを持っています。

では、楽天銀行・新生銀行・Paypal、そしてWiseの4社で海外送金した場合、どれだけ違うのでしょうか?

 

 

日本円30万円をニュージーランドに海外送金した場合、楽天銀行と新生銀行では90ドル程度の損、そしてPaypalに関しては170ドル以上の損をしてしまいます。

1ニュージーランドドルを80円として計算した場合、7,200円から14,000円程度も無駄にしてしまいます。

1日分、もしくは2日分の日給でしょうか。

そして、スマホでサクッと手続きが出来てしまうこと、日本の銀行への入金がかなり早いという点についても、本当に優れたサービスだと思います。

 

大きな金額(といっても30万円)で海外送金したのは大分前なのですが、以下の画像は2018年にWiseを利用して海外送金をした時の画像です。

 

スマホで海外送金手続きをした翌日、日本の銀行に入金されていました。

そのたった1日の間で、3回か4回ほどWiseからEmailが届きました。

内容は、「今どういった処理をしていてお金がどこにあるのか?」を伝える内容のものでした。

海外移住者にとって、Wiseでのお金の移動はもはや常識と言っても過言ではありません。

 

 

海外移住のお金の移動まとめ

海外移住を考える場合、銀行口座の開設やお金の移動は必須です。

コツコツ貯めた貯金は、一番手数料や手間のかからない方法をとっていきたいですよね。

口座から口座へのお金の移動には面倒な手続きや税金、多大な手数料がかかります。

個人的にはデビットカードやクレジットカード、送金サービスの利用がおすすめです。

ただし、カードや送金サービスの申し込みは、日本在住時にしかできない場合もあります。

海外移住をする前の準備として、銀行やクレジット会社への確認をしておきましょう。