2021聖火ランナー続々辞退!著名人名とその理由【画像あり】

東京オリンピック2021まで50日に迫りました。

オリンピック開催までに開催地で行われる聖火リレー、

著名人が多数、参加しています。

しかし今年になって、辞退する著名人が出てきました。

昨日は「加山雄三の辞退」がニュースになりましたね。

この記事では

聖火ランナーを辞退した著名人

聖火ランナーを辞退した理由

の2点についてみていきます。
 
スポンサーリンク


 

 

聖火ランナーを辞退した著名人とその理由

男性著名人

宇野昌磨

ランナー予定の前に世界選手権に出場するので、予定日は隔離期間にあたる。

 

 

丸山希

日程が合わなくなった。

 

 

香川照之

コメントなし。

 

 

田村淳

森喜朗元会長の発言を受けて。

 

 

窪田正孝

スケジュールの都合により。

 

 

五木ひろし

スケジュールが合わないため。

 

 

田村優

スケジュールが合わないため。

 

 

笑福亭鶴瓶

スケジュールが合わないため。

 

 

成島出

スケジュールが合わないため。

 

 

稲垣啓太

スケジュールが合わないため。

 

 

正代直也

大相撲夏場所のため。

 

 

湯元健一・真一

五輪予選コーチの予定があるため。

 

 

斎藤工

仕事の調整つかず。

 
 

 

藤井聡太

自分やオリンピックの状況が変化したため。

 
 

 

TOKIO

スケジュール調整が難しい。

 
 

 

加山雄三

五輪開催喜べない。

 
 

 
スポンサーリンク




 

女性著名人

広末涼子

スケジュール調整が難しい。

 
 

 

黒木瞳

故郷の福岡で予定がある。

 
 

 

常盤貴子

舞台の出演予定があるため。

 
 

 

澤穂希

体調不良のため。

 
 

 

知花くらら

第2子妊娠のため。

 
 

 

玉城ティナ

スケジュールが合わないため。

 
 

 

川澄奈穂美

米国在住のため。

 
 

 

阿部真央

スケジュールが合わないため。

 
 

 

田知本遥

スケジュールが合わないため。

 

これまでに少なくとも91名の著名人が聖火ランナーを辞退しています。
 

こちらの記事も読まれています
>>IOC違約金発生?!チケットのキャンセル方法は?
スポンサーリンク


 

まとめ

延期された東京オリンピックですが、開会式まであと1か月強となりました。

そして、オリンピックと言えば、開会式までに行われる聖火リレーです。

聖火リレーは、開催地の著名人が多数参加します。

しかし東京オリンピックでは、多くの著名人が聖火リレーを辞退しています。

その理由も様々ですね。