シープスキンラグ洗い方と手入れ方法!粗悪品を避けるべき注意点とは?

優しい肌触りで冬場は足元を温めてくれるシープスキンラグ。正しい洗い方とお手入れ方法をご存知ですか?正しいお手入れ方法をすることで、シープスキンラグを長く愛用することができます。でも注意しなくてはいけないのが粗悪品。粗悪品を間違って買ってしまい後悔しないように、シープスキンラグ購入の際の注意点、そして洗い方とお手入れ方法を紹介します。

シープスキンラグの洗い方は?

シープスキンラグは、基本洗濯機での丸洗いが可能。
洗剤は中性洗剤、ウール専用洗剤が◎。

乾燥機での乾燥はお勧めしませんが、濡れたまま使用すると革加工の部分が硬くなってしまい変質する恐れがあります。
なので、しっかりと乾かしましょう。

乾かす時は、風通しの良い場所で陰干しで乾かします。
完全に乾く前に、専用のブラシでブラッシングをすることをお勧めします。
もちろん乾燥後も、ブラッシングをして毛並みを整えてくださいね。

洗濯機でのシープスキンラグの丸洗いは、本当に必要な時のみにすると、さらに長く愛用することができますよ。

スポンサーリンク


 

シープスキンラグの手入れは?

普段のシープスキンラグはお手入れがとても簡単で、ホコリやチリを取り除くために掃除機、または軽いブラッシングだけで十分です。

しかし、シープスキンは長く愛用していると毛がダマになってしまいますよね。
その為、専用のブラシがあると便利です。

専用ブラシを使うことによりダマを取り除くだけではなく、毛と毛の間に空気を取り入れ、柔らかな肌触りが持続します。

 

シープスキンラグの粗悪品を避けるべき注意点とは?

 

シープスキンラグの購入時は、以下のような製品に気を付けましょう。

汚染環境で育った羊

劣悪な室内飼育環境、室外でも土壌や大気の環境汚染下で飼育される羊によるシープスキンラグは避けましょう。

 

有害化学物質の使用

皮なめしの際のヒ素やホルムアルデヒト、羊毛への色付けの際に有害化学物質を使用しているシープスキンラグは避けましょう。環境や人体に有害です。

 

原産国と製造国が違う

製造過程で輸出を必要とする場合、その過程での安全性が不透明です。

 

天然100%ではない

化学繊維でできたシープスキンラグは、地球環境に負担をかけるばかりか、シミになりやすく長持ちもしません。

 

品質保証の証明書が無い

品質や安全性(人体と環境)が保証されていないシープスキンラグを購入することをお薦めします。

シープスキンの粗悪品は毛が抜けやすく、劣化が早いのも特徴です。
高品質の天然100%シープスキンは、長く愛用でき、しかも製造過程においてエコフレンドリーで、なによりも人体に安全です。

スポンサーリンク



まとめ

シープスキンラグの洗い方と、お手入れの仕方、そして粗悪品の注意点について紹介しました。天然素材100%でできたシープスキンラグは、“冬は暖かく、夏は涼しい”という優れものであるばかりか、私たち、そして環境にも優しい商品です。ぜひ正しいお手入れをして、長く愛用してくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

ニュージーランドの南島でファーム暮らしをしているカブラルです。 旅行、美味しいご飯とお酒、楽しいことの企画が大好きです。 ファームステイや南島周遊ツアー、ワーホリサポートを提供しており、皆さんのニュージーライフを楽しいものにするお手伝いをしています♪