阿部亮平は気象予報士に何回目で合格?目指した理由と勉強法を調査!

人気アイドルグループSnow Manの阿部亮平が、気象予報士の資格を持っていることはご存知でしょうか?

実は、Snow Manとしてデビューする前の2015年に取得しています。

阿部亮平が21歳の時です。

忙しいはずの芸能活動のかたわら、一体なぜ気象予報士の資格をとったのでしょうか。

また、超難関と有名な気象予報士資格、片手間で取得できる資格でないことは明らかです。

阿部亮平の勉強法とは、一体どんなものだったのでしょうか?

また、何回目のチャレンジで合格したのかも気になります。

今回は、

・阿部亮平は気象予報士に何回目で合格したのか

・阿部亮平が気象予報士を目指した理由

・阿部亮平が気象予報士になる為にした勉強法

について、順を追って解説していきます!

 

阿部亮平が気象予報士を目指した理由とは?

そもそもアイドルの阿部亮平は、なぜ気象予報士の資格を取ったのでしょうか?

小さい頃からお天気が好きだったというのは大前提として、実はもっと深い理由がありました。

ここを知ると、阿部亮平のアイドル人生にかけた執念が感じられます。

阿部亮平が一気に好きになってしまうかも知れません。

 

アイドルとして目立つ強みが必要だと感じたから

阿部亮平は2004年、小学5年生の時にジャニーズ入所。

2012年にSnow Manとしてデビューしています。

およそ8年の下積み、そして20歳を超えてのデビュー。

これはジャニーズとしてはかなり遅咲きです。

さらに驚きなのは、この間に阿部亮平は高校卒業、大学受験、大学入学を果たしています。

阿部亮平は8年の下積みの間に、次々とデビューしていく仲間たちを見てきました。

悔しくて堪らなかったはずです。

そしてたくさんの夢半ばに事務所を去る仲間達を見てきたはずです。

それでも決して諦めなかった姿勢に、並々ならぬ執念を感じます。

彼は既に、アイドルを一生の仕事とする決意を固めていたのでしょうね。

 

頭の良さを強みにしようと考えたから

しかしアイドルである以外、自分には目立つ強みがないことに苦悩します。

アイドル以外に誇れる何かがないと、デビューに繋がらないと気付いたのです。

幼少の頃から勉強が好きだった彼は、これを強みにすると決めました。

インテリアイドル阿部亮平の爆誕です。

まずは大学受験。

Snow Manとしてのデビュー前です。

一年の活動休止、勉強に専念することに決めました。

アイドルとしての1年、そのブランクは計り知れない大きさです。

しかもデビュー目前。

沢山の舞台に出演し、自分達をどんどん売り込んでいこうという盛り上がりの時期でした。

 

 

それでも大学受験を決意する阿部亮平。

やるからには適当な大学ではだめです。

自分の売りになり得るような知名度と偏差値の高い大学を狙わなくてはいけませんでした。

 

インテリアイドルとして名前を知らしめたかったから

それにはもともと偏差値の高い阿部亮平でも、1日12時間の勉強時間が必要でした。

全てはグループと今後のアイドル人生の強みになると信じていたからでした。

受験に反対するメンバーも、背中を押してくれたメンバーもいたそうです。

それぞれの思いを背負い、晴れて偏差値60.0~のハイレベルな上智大学合格を勝ち取りました。

しかし大学入学だけでは自分を売り込むにはまだ弱い。

そう考えた阿部亮平は、更に強みを求めていきます。

自分のインテリを後付けできる、知名度と難易度の高い圧倒的な何か。

ここでそう、気象予報士試験だったわけです。

彼のアイドル人生への執念、そして長期的なライフプラン。

その結果の気象予報士資格へのチャレンジ。

鳥肌が立ってきましたね。

 

阿部亮平が気象予報士になった勉強法とは?

現在では、インテリアイドルとしてクイズ番組やニュース番組にも登場するようになった阿部亮平。

その紹介テロップには、(Snow Man)阿部亮平の文字。

見事、アイドルファン以外の目に映る機会を手に入れました。

老若男女すべての世代に、Snow Man阿部亮平の名前を知らしめることに成功したのです。

気象予報士の資格は、超難関です。

資格を取得したのは、Snow Manとして活動開始した3年後でした。

CDデビューはしていなかったものの、舞台やツアーにとても忙しかったはずです。

一体どのような勉強法だったのでしょうか?

 

好みのノートを用意する

まず勉強を始めようと思ったら、デザインや柄が好きなノートを使うこと。

これでまず、勉強のモチベーションをあげるということが大切だそうです。

ちなみに、阿部亮平がおすすめするノートは円周率ノート。

A5 60枚 数研グッズ

阿部亮平は円周率が大好きで、100桁まで暗記しているそうです。

 

暗記ノートを作る

暗記ノートを制作します。

暗記ノートステップ

【ステップ1】
・暗記したいことを問題文にして書き出す。

・その際、穴あきにすることがポイント。

例題:渡辺のメンバーカラーは(     )です。

【ステップ2】
・その日のうちに赤で答えを書く。

例題:渡辺のメンバーカラーは(    )です。

【ステップ3】
・赤いシートで答えを隠す。

気象予報士は通信講座やスクールなどもありますが、阿部亮平は独学で取得しています。

忙しいアイドル活動の中では、なかなかまとまった勉強時間もとれません。

阿部亮平はこの暗記ノートを常に持ち歩き、ちょっとした隙間時間に暗記をしていたそうです。

 

モチベーションの維持

阿部亮平は、気象予報士の資格取得に3年かかっています。

3年間の間、大学に通い続けながらアイドル活動も続けていました。

勉強にはモチベーションが大事で、いかにモチベーションを保つかにも焦点をあてています。

 

 

気象予報士の合格確立は4~5%>だということです。

100人受ければ4~5人しか受からないそうです。

阿部亮平が受験をした時には、受験者数3,153人に対して合格者125人でした。

阿部亮平はこの試験直前に「滝沢歌舞伎」のシンガポール公演に出演しています。

「絶対に資格をとるぞ」という確固たる目標が明白だったのも勝因だと言えます。

 

阿部亮平は気象予報士に何回目で合格したの?

阿部亮平が気象予報士を目指してから、実に3年の月日が流れました。

2015年、大学4年生の時に遂に気象予報士の資格に合格したのです。

2012年から挑戦し、そのチャレンジ回数は5回でした。

 

気象予報士試験に合格するには、多くの勉強時間が必要になるといわれています。

個人差もありますが、一般的には、合格までに必要な勉強時間は平均800~1,000時間程度です。

毎日2時間勉強する場合でも、1年~1年半程度かかります。

とくに、実技試験は難しいため、基礎的な知識がなく、一から独学で勉強する場合には、より難易度は上がります。

また、合格するまでの平均受験回数は3~5回です。

引用:生涯学習のU-can

 

3年もの長い月日を、4回も試験に落とされ続け、普通なら心が折れてしまいそうになりますよね。

それでもめげずにやり遂げた阿部亮平に、たくさんの拍手を送りたい気持ちです。

阿部亮平と同じくして、ジャニーズ初の快挙を成し遂げた人物がいました。

ジャニーズJr.の岸本慎太郎です。

岸本慎太郎が気象予報士を目指した理由と勉強法で紹介したように、彼も阿部亮平と同じく、何度も気象予報士受験に挑戦しています。

 

ジャニーズ初の気象予報士の誕生。

しかも2人同時に。

このニュースは日本中を駆け巡り、Snow Man阿部亮平の名前が一気に知れ渡るきっかけとなりました。

 

気象予報士阿部亮平の現在は?

晴れて気象予報士資格を手に入れ、インテリアイドルとしての立場を確立した阿部亮平。

思惑通り、次々とアイドル以外の仕事が舞い込んできました。

クイズ番組、バラエティ番組では、その知識の豊富さを披露しています。

2022年3月10日放送の『Live News イット!』では、初の報道番組生放送出演。

東京都のSDG’s取り組みをガチャピンとレポートしました。

更に、気象予報士の資格を活かしてお天気コーナーにも登場しました。

近い未来、ニュースのお天気コーナーで気象予報士・阿部亮平を見ることができそうですね。

更に阿部亮平は、インテリ芸能人として多くのクイズ番組で活躍を見せています。

中でも『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』での反響の大きさに、注目が集まりました。

阿部亮平が正解を連発する姿、努力や覚悟、挑戦する姿勢は、多くの視聴者に感動を与えました。

そしてどんな時でも忘れない、共演する小学生への優しさに好感度は爆上がりしました。

 

阿部亮平は気象予報士に何回目で合格?まとめ

阿部亮平が気象予報士を目指した理由、何回目で合格したのか、その勉強方法をお伝えしてきました。

気象予報士の資格は一生ものです。

しかし、資格を取得すると仕事の選択肢が増えるのかというと、実はそうではないのが現状です。

資格取得はむしろ、自分のアピールポイントの1つにするべきだと思います。

気象予報士の資格を持っている、それだけでとても頭の良い人なのだと分かります。

更に、一度ではなかなか合格できない気象予報士の資格。

何回目の受験だとしても、「心折れず頑張り続けられる努力の人だけが得られる」とも言えます。

阿部亮平はまさに、この誰にも簡単に真似できない絶対的な肩書を求めていました。

ジュニア時代に思い描いた自身のライフプランを見事達成させたのです。

これからも阿部亮平の活躍を応援していきたいですね!