運営者紹介

カブラン
皆さん、初めまして。カブランです!

当ウェブサイト&ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。
まずは自己紹介をさせて頂こうと思うのですが、せっかくなのでこのブログの案内役、ラミーとバーディーに参加してもらって、インタビュー形式で自己紹介をしていこうと思います!

 

ラミー
じゃあ早速質問するわね。まず、ニュージーランドに来ることになったきっかけを教えて。

きっかけはニュージーランドでのワーホリ。
当時の私は日本の将来に漠然とした不安を感じており「他の国の人たちも、こういった不安を母国に抱きつつ生きているんだろうか?」と、疑問に思っている時期がありました。

その頃勤めていた会社にある新人さんが入社し、「ワーホリでニュージーランドから帰ってきたばかり」という彼女の話を聞いて初めてワーホリという制度を知りました。
そしてその日、私もワーホリでニュージーランドに行こうと決意しました(笑)

 

バーディー
日本ではどういう生活をしていたの?

生まれも育ちも東京。
中学・高校・大学は一貫となっている女子高を卒業し、卒業後はブライダルエステティシャンとして、池袋にある某結婚式場に勤務。
その後、銀座にある化粧品会社の本社で働き、ワーホリを決めた頃は恵比寿にある某フレンチレストランのレセプションをしていました。

 

ラミー
ワーホリ中はどんなことをしていたの?
クライストチャーチ入国だったので、ワーホリの最初の1ヵ月はクライストチャーチにあるキウィ経営のバックパッカーに滞在していました。
1ヵ月間はのんびりしながらとにかく情報収集!
滞在している場所がバックパッカーだったので、とにかくたくさんの情報が手に入りました。

クライストチャーチの後はオーガニックファームでWWOOFをしたり、シーズナルワークでお金をがっつり稼ぎ、その後ヒッチハイクで南島を周遊しました。
行った場所は、アカロア、テカポ、マウントクック、ダニーデン、インバーカーギル、クイーンズタウン、ワナカ、テ・アナウ、フォックス氷河、ホキティカ、グレイマウス、タカカ、エイベルタスマン、モトゥエカ、ネルソン、ピクトン、カイコウラ。

冬季はネルソンのバックパッカーでエクスチェンジをしながら生活費を節約する生活を。
そんな時に現在の主人と出会い、今度は北島を2人で周遊。
ウェリントン、ネイピア、タウポ、ロトルア、ネイピア、コロマンデル、オークランド、ワイヘキ島、ファンガレイ、パイヒアを周りました。

ワーホリ中の1年はほとんどバックパッカーで生活をしていた為、世界中からの友達が本当にたくさんできましたよ。

 

バーディー
もともと旅は好きだったの?
日本で生活していた時は、たまに友達と旅行に行く程度でした。
それがニュージーランドにワーホリに来てからというもの、いろんな所に行ってみたいという気持ちに。
ニュージーランド以外に行った国は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、フランス、イタリア、インドネシア、タイ、マレーシア、カンボジア、シンガポール、サモア。
ワーホリを終えて日本に帰国した後、青春18切符を利用して日本全国を1人旅したのも良い思い出です。

 

ラミー
ニュージーランドに住むことになったきっかけは何?

現在の主人と出会ったのがきっかけ。
ワーホリ後に日本帰国したのですが、ラテン出身の主人による猛アプローチ(笑)によりニュージーランドに再入国。
永住権を取得し、現在はカンタベリー地域、クライストチャーチから車で1時間弱の地域に住んでいます。

 

バーディー
普段の生活環境は?

日本での都会暮らしとは打って変わって現在はファームでの田舎暮らし。
ファーム内には700頭の牛さんたちがいて、お庭ではニワトリさんを飼っています。
庭にはビニールハウスがあり、野菜を育てているところ。
地下150メートルから汲み上げた水を普段飲んでおり、新鮮な卵と野菜、そして搾りたての牛乳は食生活を大分豊かにしてくれました。

家の周りには建物が全く無く、視界に入るのは大きな空とどこまでも続く大草原、そして壮大な山々ばかり。
夜は無数の星たちに囲まれ、まさしく天然のプラネタリウム!
シティでの忙しく騒がしい生活にはもう戻れません!(笑)

 

ラミー
このブログを始めたきっかけは何だったの?

我が家ではファームステイを受け入れています。
また、住み込みのお手伝いさんもいるのですが、両者共にワーホリでニュージーランド滞在中の子たちがほとんど。
よってニュージーランドでのワーホリ中のあれこれについて、たくさんの質問を受ける毎日です。
彼女ら曰く、本当に必要な現地情報を手に入れるのは、オンライン検索でもなかなか難しいそうです。
今まで質問を受ける度に答えてはきたものの、これが頻繁だとなかなか骨が折れる…(笑)

そんな時、ブログを通して情報をシェアすれば、毎回毎回聞かれる度に解説する手間が省けるんじゃないか?なんて思い始めました。
ブログで現地情報を発信することで、これからワーホリを考えている子たちにとっても、より良いワーホリ生活が送れるんじゃないだろうか?と。

ブログを始めたばかりで記事数もまだまだ少ないのですが、そんな状況の中、お問い合わせが入り始めました。
読んでくれている人達がいるんだなって思うと、やっぱり気合が入りますね!

ワーホリ中の子たちが尋ねてくる多くの質問は、これからワーホリをしようと考えている子たちにとっても疑問になるだろう質問。
「このブログに立ち寄ると疑問が解決できる!」「ワーホリの参考になる!」そんなブログを目指していこうと思っています。

 

バーディー
最後に、ブログ読者に伝えたいことは?
私は東京に住んでいたので、ワーホリに行くと決めた時、意外と多くの友達から「私もワーホリ行ってたんだよ!」という話を聞きました。彼女たちから現地情報や体験談を聞けたことは、これから未知の場所での生活をすることになる私にとってとても心強いものでした。

今の私の生活は、ワーホリでニュージーランドに滞在中という子たちと話す機会がとても多く、日本でも地域によってはワーホリの知名度が低い場所もあるということを知りました。
情報があるのと無いのとではこれからのワーホリに向けての不安の度合い、安心の度合いが大分変わってくるでしょう。

私はワーホリを通して、今までの自分の考え方が変わったり、行動が変わったり、生き方さえも変わりました。
それくらいワーホリでの1年という時間は私に大きな影響力を与えてくれました。

だから1人でも多くの人に勇気を持って、ワーホリに挑戦してもらえたらなって思っています。
ワーホリに興味がある人が、少しでも不安を解消して行動に踏み出せるよう、そしてワーホリ中の人が、少しでも快適な毎日を送れるよう、役に立つ情報や現地情報を公開していきます。

皆さんのワーホリが、人生で最高の体験となりますように!!