パラリンピック起源と歴史!名前の由来とシンボルの意味は?

いよいよパラリンピックが始まりました!
身体障害者を対象とした世界最高峰の障害者スポーツの総合競技大会、それがパラリンピックです。

今回はそんなパラリンピックの起源、歴史、名前の由来そしてシンボルについて詳しく調べてみました。

開催の起源は何なのか、そしてどんな歴史を持ってきたのか、パラリンピックと言う名前の由来は何なのか、そしてシンボルの謎など、知れば誰かに教えたくなっちゃうハナタカ情報をまるっと載せています。

 

パラリンピックの起源

パラリンピックの起源は1948年。
第二次世界大戦後なんですね。

医者であるルードウィッヒ・グッドマン博士の提案にり、ロンドン郊外にあるストーク・マンデビル病院の中で開かれたアーチェリーの競技会がパラリンピックの原形です。
実は1948年7月28日に開催されており、これはロンドンオリンピックの開会式と同日でした。
第二次世界大戦で脊髄などを損傷した兵士たちのリハビリの一つとして開催されたそうです。

手術よりスポーツを」と言う理念のもと、開催されました。

スポンサーリンク


 

パラリンピックの歴史

1948年に病院で開かれた兵士のリハビリを兼ねた大会は、その後回を重ねます。このころはまだ、入院患者のみの競技大会だったようです。

その後1952年に国際大会として開催されるまでになりました。
第1回国際ストーク・マンデビル競技大会です。

1960年には、グットマン医師を会長とした国際ストーク・マンデビル大会委員会が組織され、第9回国際ストーク・マンデビル競技大会がローマで開催されました(ローマでオリンピックが開催されていました)。
この大会が、「第1回パラリンピック」になります。

1964年、東京にて第13回国際ストーク・マンデビル競技大会が開催されました。
同じくこの時、東京でオリンピックが行われていました。
この大会が「第2回パラリンピック」です。

1965年~1971年までの間、オリンピック開催都市と同じ都市でパラリンピックを行うことは中止されました。
1972年のハイデルベルク大会で再びオリンピック開催都市と同じ都市で開催され、現在に至ります。

 

パラリンピックの名前の由来

元々は、ラテン語のパラプレジア(Paraplegia、脊髄損傷等による下半身麻痺)とオリンピック(Olympic)を掛け合わせた造語であったとされています。
パラリンピックという名称は、1953年のイギリスの新聞の見出しで確認できるらしいのですが、なぜイギリスで「パラリンピック」と言われていたのかは不明のようです。

1964年の第13回国際ストーク・マンデビル大会(東京で開催されたもの)では「パラリンピック」の名称が考案され、1985年にIOCが正式に「パラリンピック」を大会名として用いることを認めました。
そして完全なる後付けで、「ギリシャ語のパラ(Para平行)にオリンピック(Olympic Games)を掛け合わせた「もう一つのオリンピック」として再解釈することとしたのです。

スポンサーリンク



パラリンピックのシンボルの意味

パラリンピックの象徴であるシンボルは、人間にとって最も大切な3つの構成要素を現わしています。それは心(スピリット)、肉体(ボディ)、魂(マインド)で、これらを赤、青、緑の三色で表しています。

 

まとめ

パラリンピック、車いすバスケットボールがいつも楽しみです!
そんなパラリンピックの起源は、戦争で傷ついた兵士たちのリハビリ大会だったなんて意外です。

オリンピックと並行して開催されていたものの、一旦その制度は中止され、その後また再開されたという歴史は面白いですね。

名前の由来は「麻痺した人々のためのオリンピック」で、後付けで「オリンピックと並行した大会」です。

シンボルは3つの重要な構成要素である心、肉体、魂をうまく表現している、素晴らしいものとなっています。

今までパラリンピックを見たことがないと言う方も、ぜひ東京で開催されているのを機に観戦してみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ニュージーランドの南島でファーム暮らしをしているカブラルです。 旅行、美味しいご飯とお酒、楽しいことの企画が大好きです。 ファームステイや南島周遊ツアー、ワーホリサポートを提供しており、皆さんのニュージーライフを楽しいものにするお手伝いをしています♪