オリンピック実話ドキュメンタリー「イカロス」アカデミー賞受賞あらすじ紹介!

皆さんは「イカロス」という作品をご存じでしょうか。2017年にNetflixで配信されたオリンピックの実話をもとに製作されたドキュメンタリー映画です。その内容は世界に大きな衝撃を与え、アカデミー賞まで受賞しました。

今回はスポーツ界を震撼させた「イカロス」について、どんな作品なのか詳しく紹介していきたいと思います。気になる方はぜひ、最後までご覧ください!

「イカロス」作品情報

「イカロス」の作品情報をまとめています。

配信 Netflix
製作 アメリカ
公開 2017年8月4日
時間 121分
監督 ブライアン・フォーゲル
出演 ブライアン・フォーゲル
グリゴリー・ロドチェンコフ
受賞 第90回アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞

スポーツ界のドーピング問題を扱った実話をもとにしたドキュメンタリー映画です。自転車選手のフォーゲルが、ロードレースに勝つためにドーピングするところから始まります。その裏には国家の影が…世界を揺るがす最大のスキャンダルが引き起こされるのです。

Netflix「イカロス」

「イカロス」あらすじ

https://twitter.com/fcbliebe1900/status/970491299089465344

アマチュア自転車選手のブライアン・フォーゲルは、尊敬していた「ツール・ド・フランス」7連覇のランス・アームストロングが引退後にドーピングが発覚したことにショックを受け、ドーピング検査の実態を暴く為、自身の身体をドーピングの実験体にしようと試みる。

そして薬物接種しながらもドーピング検査をパスしてレースに出場できるか考えたフォーゲルは、UCLAのオリンピック分析研究所の創始者ドン・カトリンにアドバイスを求めた。カトリンは実験への関与は協力できないとするも、 代わりにロシア反ドーピング機関所長のグリゴリー・ロドチェンコフを紹介する。

ロドチェンコフと意気投合したフォーゲルは彼の協力を受け、ホルモン注入と検査時に利用する尿サンプルを使ったシステムを開始する。しかし、思うような成果を上げられなかった…

2人が出会って数か月後、ドイツでドキュメンタリー番組「ドーピング~ロシア陸上チーム・暴かれた実態~」が放送される。番組でロドチェンコフはロシアのドーピング問題の中心人物だと告発され、世界ドーピング防止機構(WADA)から調査を受けていた。

WADAは調査内容を発表し、ロシアの反ドーピング機関の認可取り消し、ロドチェンコフの所長解任及びロシアの資格停止を要請される。その後、国際陸上競技連盟がロシアのオリンピック出場停止処分を下すことになる。

辞任に追い込まれ、自国より身の危険を感じたロドチェンコフはフォーゲルを頼り、フォーゲルはLAまでの航空チケットを用意し、妻子を残して国外逃亡、かくまわれることになる。

ここから彼らの壮絶な半生が描かれることになる…

「イカロス」を視聴できる動画配信サービス

「イカロス」はNetflixで視聴可能です。

料金

Netflixなら月額見放題です。以下3つのプランがあります。

  • ベーシックプラン…月額990円(税込)
  • スタンダードプラン…月額1490円(税込)
  • プレミアムプラン…月額1980円(税込)

おすすめ

Netflixをおすすめできるポイントを挙げています。

  • 海外ドラマ・映画が充実
  • Netflixだけのオリジナル作品がある
  • スマホやタブレットなどにダウンロード可能
  • プレミアムプランなら超高画質
  • 対応デバイスが豊富

詳しくはNetflix公式サイト

まとめ

以上、ドキュメンタリー映画「イカロス」についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。公開と同時にたちまち話題となり、アカデミー賞まで受賞したこの作品ですが、この話が実話ということに驚きを隠せません。

スポーツにおいて常に付きまとうこのドーピング問題、開催迫る東京オリンピックではすべての選手が不正なくフェアに戦ってくれることを願います。最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

ニュージーランドの南島でファーム暮らしをしているカブラルです。 旅行、美味しいご飯とお酒、楽しいことの企画が大好きです。 ファームステイや南島周遊ツアー、ワーホリサポートを提供しており、皆さんのニュージーライフを楽しいものにするお手伝いをしています♪