OET試験対策スピーキング勉強法!おすすめオンライン講座も紹介!

今回はOETスピーキング対策とおすすめのオンライン講座を紹介します!

日本人が最も苦手とされると言われているスピーキング。

会話をしようとする時、ただ単語を暗記するだけではうまくいきません。

やはり会話(スピーキング)にはコミュニケーションや発音が大切ですよね。

自宅でできる、OETスピーキング対策のオンライン講座はどんなものがあるのでしょうか。

OETの試験はスピーキング・リーディング・ライティング・リスニングで構成されています。

他の記事でも、それぞれに特化した対策を紹介しています。

これからOET試験対策に臨まれる方は、ぜひそちらもご覧ください。

 

 

OETスピーキング問題の内容

OETのスピーキングの試験は、全20分。

2~3分間のウォームアップと5分間のロールプレイが2回実施されます。

ロールプレイングでは、Interlocutorと呼ばれる試験の為の対話者が患者やクライアント、患者の親戚や介護者を演じます。

受験者は専門的役割(例えば歯医者や獣医など)を演じます。

医師の受験者は医師役、看護師の受験者は看護師役に徹します。

 

 

OETスピーキングの流れと時間

OETのスピーキング試験の流れは以下の通りです。

  1. 面接官との簡単な対話(ウォームアップ)
  2. ロールプレイ1(準備時間3分、実演5分)
  3. ロールプレイ2(準備時間3分、実演5分)

ロールプレイの内容・情報・何が必要かが書かれたカードを受け取り、開始されます。

 

 

OETスピーキングスコアの換算方法

大きく分けて2つ、そして細かく分けて9つの採点項目があります。

具体的には以下のようになっています。

 

Linguistic Criteria

各項目6点なので全24点。

  1.  Intelligibility
  2.  Fluency
  3.  Appropriateness
  4.  Resources of Grammar and Expression

 

Clinical Communication Criteria

各項目3点なので全15点。

  1. Relationship building
  2. Understanding and incorporating the patient’s perspective
  3. Providing structure
  4. Information gathering
  5. Information giving

 

Linguistic Criteriaは純粋な英語力。

Clinical Communication Criteriaは、臨床におけるコミュニケーションスキルを評価します。

 

 

OETスピーキング試験対策とコツ

OETのスピーキング試験では、シチュエーションに応じて適切な対応や会話を行う必要があります。

特に重要視されるのは自然な流れのコミュニケーション。

そういった点を踏まえ、試験対策として有効なのは以下の4点です。

  1. OETスピーキングテストのサンプルを見る
  2. 単語力をあげる
  3. よく用いられるフレーズの暗記
  4. OETを熟知している先生や仲間とのロールプレイング

 

解剖、薬品、検査名など、業務に関わる医療英語を知っておくことは大前提です。

 

 

 

OETスピーキングの勉強法

効率的に進める為の勉強法は以下の流れです。

  1. 正しい発音を習得
  2. 基礎的な語彙力の習得
  3. ロールプレイングの型を覚える
  4. 過去問を繰り返し解く
  5. フィードバックを受けて改善を繰り返す

更にもう一歩進んでおすすめなのは、これらの練習を毎回録音して聞き直す事。

意外なところで、発音や単語の間違いに気づきます。

これらの間違いを修正していくことで、確実にスピーキングの質が上がるはずです。

 

OETスピーキング攻略ガイド

スピーキングはとにかく発音が重要です。

アウトプットを繰り返し、様々なシチュエーションに対応できるようにしましょう。

\OETスピーキング攻略ガイド無料ダウンロード/

 

OETおすすめオンライン試験対策講座

オンライン講座のメリットは、わざわざ海外留学をする必要が無いこと。

以前はイギリスやオーストラリアに留学をしてOETを勉強するのがメジャーでしたが、今はそんな必要ありませんね。

OETオンラインスクール3社では、イギリス企業、オーストラリア企業、日本企業の3社を紹介しています。

3社とも無料体験を提供しています。

併せて、受講期間や受講料を確認しておきましょう。

ちなみに、日本企業は受講料が一番割高です。

イギリス企業は一番コスパが良く、受講者の合格率は90%超えとなっており、世界ではOET試験対策の権威となっています。

オーストラリア企業の受講料については、上記2社の中間といったところでしょうか。

自分に合ったスクールを探す為にも、無料体験はおすすめです。

 

OETスピーキング試験対策と勉強法まとめ

今回は、OETスピーキング対策とおすすめオンライン講座を紹介しました。

スピーキングは文法重視の勉強をしてきた私達日本人にとって、とてもハードルが高いですよね。

しかし、OETのスピーキングはある程度の流れを把握することによって、十分な対策になりえます。

語彙力に合わせて発音を抑え、何度も繰り返してロールプレイングの練習をしましょう。

OETに特化した試験対策が、日本にいながら受講できるのはとても有難いですよね。

1人でも多くの人が合格できることを祈っています。