【NZビザ申請】健康診断書(INZ1096、INZ1007)の用紙記入方法を画像付きで解説!

バーディー
ワーホリビザを申請したら、INZ1096っていう用紙を提出するよう求められたよ!
ラミー
INZ1096は『Chest X-ray Certificate』。結核診断の健康診断書ね。

ニュージーランドが指定する病院(パネルドクター)の元に行って、

自分が結核でないことを証明するために、検査を受ける必要があるわ。

バーディー
INZ1007の提出を要求された友達もいるんだけど、僕は必要ないのかな?
ラミー
INZ1007は『General Medical Certificate』。

INZ1007の方が、より詳細な健康状態を報告するフォーマットよ。

INZ1096を提出を求められた人は、特に気にしなくていいわ。

 

ニュージーランドのビザの申請には、

「INZ1096」、または、「INZ1007」という健康診断書を提出する必要があります。

 

INZ1096は結核感染の有無にフォーカスした健康診断書で、

主に胸部レントゲン検査の結果を提出します。

 

それに対してINZ1007は、

結核だけでなく、より詳細な健康状態を検査した上で、

その結果を提出することになります。

 

この記事では、この2種類の健康診断書、

INZ1096とINZ1007の記入方法を、画像付きでご説明いたします。

 

どちらの申請書であっても、

ニュージーランド指定の病院(パネルドクター)のいずれかで検査を受ける必要があり、

予約から病院の訪問まで、少々手間のかかる作業ですが、

ニュージーランドでのビザ取得の上では避けては通れない道です。

がんばりましょう!

 

なお、日本国内のパネルドクターの一覧は、

こちらの記事に記載しています。

ニュージーランドワーホリビザ申請手順と概要【年齢・費用・健康診断】を徹底解説!

2020.09.06

 

INZ1096の記入方法

 

 

INZ1096は、結核に関する健康診断書であり、

生年月日や国籍などの自分の身元に関する基本的な情報を記入するSection A

記載事項に虚偽内容が含まれないことを署名するSection B

胸部X線検査の結果を示すSection C、

検査の評価を示すSection D、

放射線科医の責任を署名するSection E

の5 Sectionで構成されますが、

Section C-Eに関しては検査担当の医師と、指定の医療スタッフが記入する必要があり、

Section Bに関しても、医師の立ち会いの元署名する必要のある箇所です。

そのため、検査前にはSection Aのみ記入しておけば大丈夫です。

 

この項では、

検査を受ける前に記入しておく必要のあるSection Aと、

検査の場で医師の立ち会いのもと署名するSection Bの宣誓事項について、

ご説明いたします。
 
スポンサーリンク


 

Section A「Personal details(個人情報)」

Section Aでは、自身の個人情報を記入します。

記入時に注意すべき点としては、下記2点です。

  • 大文字(Capital letters)で記入する
  • A1は記入しない(A2-A9は自分で記入する)
  • アプライしているビザの区分を再度把握しておく

Section B「Declaration of person having chest X-ray examination(署名)」

Section Bは、受けた検査結果に虚偽ないことを署名して宣誓する項目です。

医師の立ち会いのもと記入する箇所なので、検査を受ける前に記入しないよう注意してください。

 

この署名は、提出書類に関する自身の責任と、

提出した情報の取り扱いに関する認識を明らかにする重要なものです。

医師からの説明もあるかと思いますが、原文をよく確認した上で署名しましょう。

※ 赤字は私が重要と判断した箇所です。

胸部X線検査を受ける人が、放射線技師または放射線技師の立会いのもと

署名と日付を記入しなければなりません。

18歳未満のお子様が検査を受ける場合は、代わりに保護者の方が署名してください。

署名する前によくお読みください。

 

私の病歴や入国審査の際に提供した情報が、

私の入国審査の際に提供した情報であることを宣言します。

検査の内容は、真実であり、完全であり、正しいものです。

 

私は下記のこと(①~⑥)を承知しています

① 私の個人情報と健康情報は、ニュージーランド移民局(以下「INZ」)とビジネス・イノベーション・雇用省(以下「MBIE」といいます)によって、私がニュージーランドビザの健康基準を満たしているかどうかを判断するために収集されます

② INZは、私の個人情報と健康情報をeMedicalシステムに保存することがあります。

INZは、2009年移民法に基づき、私の個人情報を収集・使用する権限を有しています。同法に基づき、1993年の個人情報保護法に基づき、以下の目的のための詳細な情報を提供します。INZは私の情報をビザ申請書に記載することを求めています。

④ 入国審査の際に虚偽または誤解を招くような情報を提供した場合、私のビザは申請が拒否され、退去強制の対象となる可能性があります。また、私は犯罪を犯した処罰として、投獄される可能性があります。

⑤ 私は、申請可否に影響を及ぼす可能性のある事実や状況の変化があれば、INZに連絡しなければなりません。

⑥ INZは、必要に応じて将来の健康状態を評価するため、または監査上の理由から、私の個人情報を保有し続けます

 

また、私の個人情報(診断結果、健康状態の詳細、写真を含む)が、以下の者(⑦~⑨)に対して開示されることを承知しています。

⑦ ニュージーランド政府の保健機関、保健および決済サービスの提供者、診察を受ける医師
⑧ 私の移民状況についての決定を下すために必要な範囲で、この情報を受け取る法的権利を持つニュージーランド政府機関
⑨ ニュージーランドの法執行機関、保健機関、国際機関

 

私は以下のこと(⑩~⑭)に同意します。

⑩ INZが、将来のニュージーランドへのビザ申請を検討するために、私の医療情報(レントゲン画像を含む)をビザ申請の決定後も保管すること

⑪ 私の医療情報が、オーストラリア内務省が所有・運営するeMedicalシステムに一時的に保存されること

⑫ INZが健康情報を含む私の情報を、私を診察した放射線科医または医師に開示すること

⑬ INZが、私の写真をデジタルデータとして保存し、クライアントの識別のために使用すること。

⑭ INZは、私が提供した健康情報に関して必要と判断した問い合わせを行い、他の政府機関と情報を共有し、これらの機関が私の健康情報を、私のビザの決定可否に必要な範囲でINZに提供すること、ニュージーランドの医療サービス機関が私の健康情報をINZに提供すること、およびINZが上記の規定に従って私の医療情報を開示すること。

 
スポンサーリンク



 

INZ1007の記入方法

 

 

バーディー
同じ頃にビザを申請した僕の友達はINZ1007を提出するよう求められたみたいなんだけど、なんで要求される用紙が違うんだろう?
ラミー
INZ1007の方が、より詳細な健康状態を報告するフォーマットよ。

現在持病を抱えている場合や、ニュージーランドに1年超の長期滞在をする予定の人(ワークビザを希望する人)などが記入するものね。

バーディー
なるほどね!INZ1007を提出する友達も困っていたみたいだから、記入の仕方を教えてもらえるとありがたいな!
ラミー
もちろんよ。

 

INZ1007は「General Medical Certificate」であり、INZ1096よりも詳細な健康状態を提出するフォーマットです。

ページ数は16ページと決して少なくはないですが、

INZ1096同様、多くのセクションは検査医師・検査スタッフが記入するので、

必要以上に身構えなくても大丈夫です。

 

申請者自身で記載しなければならないのは、

Section A、Section B、Seciton C、Section Iで、

Section CとSection Iの一部は医師の立ち会いのもと記入します。

Section D~Hは担当医師・医療スタッフが記入する項目なので、

この記事では割愛します。

 

Section A「Personal details(個人情報)」

 

 

Section Aの記入における注意点は下記の通りです。

  • 大文字(Capital letters)で記入するA1は記入しない
  • (A2-A9は自分で記入する)
  • アプライしているビザの区分を再度把握しておく

 

Section B「Medical history(病歴)」

 

Section Bでは、ご自身の病歴に関するアンケートに答えます。

判断の難しい部分に関しては、医師と相談して記入することもできます。

ハッキリと分かる部分だけでも記入しておきましょう。
 
スポンサーリンク


 

Section C「Declaration of person having the medical examination(受診者宣言)」

 

Section Bは、受けた検査結果に虚偽ないことを署名して宣誓する項目です。

医師の立ち会いのもと記入する箇所なので、検査を受ける前に記入しないよう注意してください。

 

提出書類に関する自身の責任と、

提出した情報の取り扱いに関する認識を明らかにする重要な署名なので、

事前に、本文をよく確認しておきましょう。

※ 赤字は私が重要と判断した箇所です。

 

この申告書には、診察を実施する医師の立会いのもと

診察を受ける人が署名し、日付を記入しなければなりません。

18歳未満のお子様は、保護者の方の署名が必要です。

署名する前によくお読みください。

私は、これまでの病歴やビザ申請の際に提供した情報が、

真実であり、完全であり、正しいものあることを宣言します

 

私は下記のこと(①~⑥)を承知しています

① 私の個人情報と健康情報は、ニュージーランド移民局(以下「INZ」)とビジネス・イノベーション・雇用省(以下「MBIE」といいます)によって、私がニュージーランドビザの健康基準を満たしているかどうかを判断するために収集されます

② INZは、私の個人情報と健康情報をeMedicalシステムに保存することがあります。

INZは、2009年移民法に基づき、私の個人情報を収集・使用する権限を有しています。同法に基づき、1993年の個人情報保護法に基づき、以下の目的のための詳細な情報を提供します。INZは私の情報をビザ申請書に記載することを求めています。

④ 入国審査の際に虚偽または誤解を招くような情報を提供した場合、私のビザは申請が拒否され、退去強制の対象となる可能性があります。また、私は犯罪を犯した処罰として、投獄される可能性があります。

⑤ 私は、申請可否に影響を及ぼす可能性のある事実や状況の変化があれば、INZに連絡しなければなりません。

⑥ INZは、必要に応じて将来の健康状態を評価するため、または監査上の理由から、私の個人情報を保有し続けます

 

また、私の個人情報(診断結果、健康状態の詳細、写真を含む)が、以下の者(⑦~⑨)に対して開示されることを承知しています。

⑦ ニュージーランド政府の保健機関、保健および決済サービスの提供者、診察を受ける医師
⑧ 私の移民状況についての決定を下すために必要な範囲で、この情報を受け取る法的権利を持つニュージーランド政府機関
⑨ ニュージーランドの法執行機関、保健機関、国際機関

私は以下のこと(⑩~⑯)に同意します。

⑩ INZが、私がニュージーランドへのビザ申請を検討するために、私のビザ申請を決定した後も、レントゲン画像を含む私の医療情報を保管すること

⑪ 私の医療情報が、オーストラリア内務省が所有・運営するeMedicalシステムに一時的に保存されること

⑫ INZが、私の健康に関する情報を含む私の個人情報を、私を診察した放射線科医または医師に開示すること

⑬ INZが私の写真をデジタルデータとして保存し、クライアントの識別のために使用すること

⑭ INZが、私が提供した健康情報に関して必要と判断した問い合わせを行い、他の政府機関と情報を共有し、これらの機関が私の健康情報を、私のビザの決定可否に必要な範囲でINZに提供すること、ニュージーランドの医療サービス機関が私の健康情報をINZに提供すること、およびINZが上記の規定に従って私の医療情報を開示すること

私、私のパートナー、私の子供たちが、医療機関の要請に応じて健康診断を受けること

⑯ ニュージーランドの医療サービス機関が私の健康状態に関する情報をINZに提供し、INZが上記の規定に従って私の医療情報を開示すること。

 

Section I「Confirmation of identity and declaration(本人確認と署名)」

 

INZ1096, INZ1007に関するお問い合わせ先

 

INZ1096, INZ1007に関するお問い合わせ先は下記の通りです。

 

ニュージーランド移民局 コンタクトセンター

電話番号:0508-558-855

※ニュージーランドの固定電話から発信の場合、通話料無料

 
スポンサーリンク



 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回の記事では、ニュージーランドビザの取得における登竜門の一つである

二種類の健康診断書類について説明させていただきました。

 

特にINZ1007の場合は、病歴を記載する必要があるので、

日常あまり使うことがない医学用語との格闘が大変でしたよね。

 

INZ1096の場合もINZ1007の場合も、

医師の立ち会いのもと宣誓事項に署名をすることになりますが、

「何に署名しているか分からない」ということがないよう、

事前に原文を入念に確認しておきましょう。

 

ともかくも、この健康診断書類の提出さえクリアすれば、

ニュージーランドビザの取得は目前です!

ビザ申請の最後のもう一踏ん張り、がんばりましょう!