岸本慎太郎は気象予報士に何回目で合格?目指した理由と勉強法を調査!

2015年にジャニーズ初の気象予報士が2人誕生しました。

現在Snow manで活躍している阿部亮平と、元ジャニーズJr.で現在Youtubeなどのメディアで活躍している岸本慎太郎です。

気象予報士は合格率が4%と低く、難関と言われています。

学業とジャニーズ活動の傍ら、どのようにして気象予報士の資格を取得したのでしょうか。

また、何回目の挑戦で気象予報士の受験に合格しているのでしょうか?

今回は、

・岸本慎太郎が気象予報士に合格したのは何回目なのか?

・岸本慎太郎が気象予報士を目指した理由

・岸本慎太郎が気象予報士になる為に実践した勉強法

をメインに解説をしていきます。

 


岸本慎太郎プロフィール

岸本慎太郎は1996年9月6日生まれ。

出身地は東京で、明治大学付属中野高校、明治大学国際日本学部を卒業しています。

2008年4月、11歳の時にジャニーズ事務所に入所。

翌年2009年11月に早くも『スノープリンス合唱団』のメンバーに選出、「スノープリンス」でCDデビューしました。

パフォーマンス ホーム ジャージー メンズ

 

しかし『スノープリンス合唱団』は期間限定のグループであり、約1年で解散。

その後はグループに所属することなく、ジャニーズJr.として活動していました。

嵐、NEWS、KAT-TUNなどのバックダンサーや「ヤマトナデシコ七変化」では、子役俳優として出演。

「炎の体育会TV」では、ジャニーズ水泳部の選抜メンバーとなり活躍しました。

2015年には、19歳の若さで合格率4%の難関『気象予報士』の資格を取得。

現在Snow Manとして活躍している阿部亮平と同時合格で話題となりました。

阿部亮平の気象予報士合格については、以前解説したとおりです。

そして2022年6月30日、岸本慎太郎はジャニーズでの14年間の活動を終え、事務所を退所しています。

 

岸本慎太郎が気象予報士を目指した理由は?

そもそも、なぜ岸本慎太郎は気象予報士の資格を取得しようと思ったのでしょうか?

岸本慎太郎が気象予報士の勉強を始めたのは、高校2年生の時。

ジャニーズJr.として活動し始めてから、5~6年の月日が経っています。

その間にも数々のジャニーズがグループに所属し、活躍していくのを見ていきました。

そこで岸本慎太郎は、芸能界で生き抜いていく為に、他の人と違った特技や長所が欲しいと思うようになりました。

よって、気象予報士の資格取得に臨むこととなりました。

 

岸本慎太郎の気象予報士になる為の勉強法とは?

気象予報士とは、気象予報士試験に合格し、気象庁長官による登録を受けた者のことを指します。

ニュース番組の天気予報で解説しているのが気象予報士ですね。

実際に気象予報士として仕事に就いているのは、500人弱と言われています。

 

気象予報士試験

気象予報士の試験は、学科試験と実技試験の2つを合格しなければなりません。

筆記試験に受かった人のみ、実技試験の採点がされます。

試験方法では学科試験はマークシート方式、実技試験は記述式です。

・学科試験(予報業務に関する一般知識):正解11/15問以上

・学科試験(予報業務に関する専門知識):正解11/15問以上

・実技試験:総得点が満点の70%以上

とされています。

合格率は毎年4~5%と難関。

試験に年齢制限はありません。

気象予報士の資格試験は、毎年1月と8月の2回行われています。

 

岸本慎太郎の勉強法

岸本慎太郎は、通信教育を使って勉強し、気象予報士になりました。

気象予報士の試験には熱力学・大気力学・数値予報などの知識が必要です。

独学では合格までに平均2~3年、その後数回受験し、やっと合格する方が多いようです。

早めの資格取得を目指すならば、通信教育が良いでしょう。

しかし、岸本慎太郎がどの通信教育を利用していたかは明らかにされていません。

次に代表的な気象予報士の通信教育をご紹介します。

 

気象予報士になる為の通信教育

通信教育であれば、隙間時間を利用したり自分の好きなタイミングで講座を受けることができます。

代表的な気象予報士の通信教育を紹介しておきます。

中でも、ユーキャンの気象予報士講座が評判です。

ユーキャンのテキストやe-learningでは、気象学の基礎から勉強ができます。

試験範囲の要点だけを絞り、初めて勉強する方でも分かりやすいカリキュラムとなっていることが特徴です。

全10回の添削指導もあり、サポート体制もしっかりされています。

ユーキャンの気象予報士講座の標準勉強期間は、最短8ヵ月のようです。

 

岸本慎太郎は気象予報士に何回目で合格したの?

岸本慎太郎は高校2年生で勉強を始め、19歳の時に4度目の受験で気象予報士の試験に合格しました。

ジャニーズ事務所では、初の気象予報士の誕生です。

岸本慎太郎が挑んだ第44回試験は、受験者数3,153人で合格者は125人。

その合格率は約4%、合格平均年齢は35~37歳と言われています。

難関を乗り越えて、若くして気象予報士に合格したと言えます。

ジャニーズ活動と並行しての受験勉強は、並外れた努力が必要だったでしょう。

3度も試験に不合格をしても、あきらめない心が合格へとつながりました。

 

気象予報士岸本慎太郎の現在は?

その後は気象予報士として、テレビ番組やYouTubeで活躍しています。

YouTubeによる初の天気予報動画を見つけましたので、紹介しておきますね。

素敵ですね!

また、岸本慎太郎は舞台俳優としても活動しています。

ジャニーズ事務所を退所しても姿を見れることは、ファンには嬉しいですよね。

これからも気象予報士、俳優としての活動が楽しみです。

 

岸本慎太郎は気象予報士に何回目で合格?まとめ

岸本慎太郎は2015年に、4度目の受験で気象予報士の資格を取得しています。

当時の年齢は19歳。

若くして合格率4%の難関を乗り越えました。

ジャニーズでは初の気象予報士となり、テレビ番組や新聞などメディアでは話題になりましたね。

学業やジャニーズでの活動と並行しながらも難関の資格を取得したことから、相当な努力をされたのでしょう。

ジャニーズ事務所を退所した後は、テレビ番組やYouTubeで気象予報士として活躍されています。

今後も岸本慎太郎を応援していきたいですね!