ニュージーランドで保育士のワーホリ求人あり?日本人が就職したら時給は?

息子のスクールが始まるまで、我が家ではお手伝いさんを受け入れていました。
私が仕事をしている間、息子と遊んでもらうということもあって、お手伝いさん希望者の中には保育士さんも多くいました。

ニュージーランドの幼児教育が世界的にも評価が高いらしく、保育士さんはニュージーランドをワーホリ先に選ぶ人がとても多いようです。

さて、今回はそのうちの1人、ニュージーランド北島にあるオークランドで保育士として就職していたワーホリ女子のお手伝いさんとカフェへ。
当時息子がプリスクール(日本で言う保育園や幼稚園にあたります)に行っていたので、「保育士の仕事どうだった?」からいろんな話に。

この記事に辿り着いた方は、保育士として海外就職を希望している方ですよね。
彼女から聞いた貴重な話をシェアしますね。

海外就職難しい説が頭の中にある人も、彼女の話を聞いたら「挑戦してみよう!」という気持ちになると思います。
諦めなければ必ず道は開けますよ!

 

ニュージーランドワーホリが保育士の仕事に!海外就職は難しくない?

それでは早速、私が実際に質問した内容と、彼女の回答の内容をインタビュー形式で紹介していきますね。

ラミー
ニュージーランドの保育って、日本の保育とは何が違った?

教育方針が日本とは全く違います。
ニュージーランドの教育方針を一言で言うと、のびのび保育・個性を育てる保育ですね。

日本の場合、幼稚園と保育園ではそれぞれに「保育所保育指針」というものがあり、幼稚園と保育園では別々の教育要領があります。

それに比べ、ニュージーランドは「幼保統一教育」
これをマオリ語で「ティファリキ」と呼び、この教育スタイルが世界中で注目されています。

具体的に例をあげて言うなら、例えば日本の場合、子供達を年齢で区切ります。
年少・年中・年長さんみたいな感じで。

その年齢に合った発達、できることを目指すのが日本の教育方針なんです。
例えば、「この年齢の子たちは、皆ハサミが使えるようにしていこう」とかっていうふうに...

皆で同じことができるように、共同作業、団体行動で遂行されていきます。
だから保育士も、子供に対してすべきことが決まっているんです。

じゃあニュージーランドの場合は?というと、子供1人1人の個性に重点を置き、それぞれの興味や個々の能力を伸ばすことを優先した教育方針なんです。

日本の特徴でもある共同作業や団体での行動はほとんど無いので、「今はお歌の時間」「今度は工作の時間」などといった、クラスの皆と同じことをする、クラスの皆と同じことができるようになる、という日本のスタイルとは全く別物です。

  • この子はこういうことに興味がある
  • この子はこういうことができるようになった
  • この子は今こういうことが上手にできるようになっている

といった感じで、1人1人に目を向けます。
1人1人に目を向けた上で、どういった環境づくりをすべきなのか、そこに重点を充てます。
個々を尊重した教育方針と言えばわかりやすいかもしれません。

また、ニュージーランドの場合は日本のように、年少・年中・年長のように年齢別に分かれていません。
なので、年長の子が年少・年中の子の面倒を見たりするシーンもよく見られます。

「自分が小さかった時に、年上のお兄ちゃんやお姉ちゃんが面倒をみてくれたから、自分がお兄ちゃんやお姉ちゃんになったら、年下の子の面倒をみる」という流れが、自然にできあがっています。

日本の場合は共同生活を学んだり、皆で同じことができるように学んでいきますが、ニュージーランドにはそれがありません。

子供達が、自分の興味のあることを自分で探し、遊びを通して学んでいける、能力を高めていけるような環境になっています。
そして、その環境づくりを構築していくのが、保育士としての役割の1つとなります。

個人個人の個性に合わせた教育。
「子供がどんな環境で生まれ、どんな環境で育っていくのか」を保育士たちが把握して、そのサポートをする。
それが、個々の個性を育てる保育に繋がっているんだと思います。

 

 

ラミー
ニュージーランドで保育士として仕事に就職したい場合、必要なものってなに?

ニュージーランドの犯罪証明書が必要でした。
ちなみに日本の犯罪証明書は必要ありません。

ニュージーランドの犯罪証明書の発行に関しては、全て派遣会社にお願いしました。

あとは必要最低限の英語力だと思います。
英語力と言っても、子供を誘導する時に使う言葉が英語で言えればいいくらいの程度です。

ニュージーランドの保育園で働くことに興味はありつつ、「英語力に自信が無いから...」と心配する人も多いみたいですが、多くの人が心配しているほど、英語力が高くないと働けないわけではありません。

ただ、子供相手ではなく、他の保育士との会話を円滑にしようと思うと、英語の勉強はやはり必要です。
英語の勉強に関しては頑張るしかありませんが、対子供への求められる英語力は対大人に求められる英語力では無いということに、気付いてほしいと思います。

また、ニュージーランドは移民の国なので、英語以外を話す子供や保育士も多いです。
そんな背景からも、ニュージーランドには異文化に対する理解、寛容さがあると私は感じます。

だから、「英語力が無いから、私はニュージーランドで保育士の仕事に就職するのは無理」と委縮をしない方が絶対にいいです。
日本人独特の「英語がしゃべれない」という感情や心配は、捨て去ってしまった方が良いです。

 

 

ラミー
たしかオークランドの学校で保育士の資格を取得したんだよね?
学校名とコース名を教えて!

オークランドにあるNZLCという学校でTECSOL(Teaching English to Child Speakers of Other Language)というコースを受講しました。

どんなコースか簡単に説明すると、4歳から12歳の英語を母語としない子供に対して、どういう英語指導をしたらいいのかということを学ぶコースです。
この資格に関してはNZLCだけではなく、以下の学校での取得も可能です。

 

学んだ理由は「幼児児童英語」に興味があったからです。

現在日本では、英語教育に力を入れ始めている教育機関が増えてきており、では具体的に幼児にどういったアプローチをしていけばいいのか?という知識を得たかったこと、そして英語教育の発展に興味があったからです。

ちなみにTECSOLに似た資格で、小学生英語指導者の人材を育成・認定する団体が提供しているJ-Shineという資格もあります。

TECSOLの受講は全て英語でしたが、J-Shineに関しては日本語での受講なので、英語に苦手意識がある場合はJ-Shineの方が良いかもしれません。
ちなみに日本では、通信での取得も可能です。

 

\通信教育でJ-Shine資格取得!/


 

 

ラミー
仕事探しはどうやってしたの?

ニュージーランドで保育士の仕事を探す場合、以下の2通りがあるかと思います。

  • 保育園に直接CV(履歴書)を持っていく
  • 保育園の派遣会社に登録する

保育園に直接CVを持っていく場合と、派遣会社に登録する際の徹底的な違いは、派遣会社に登録した場合、保育園との面接が無いということです。

ただ、推薦状が必要となります。
推薦状は、日本のものとニュージーランドのもの2つが必要になります。

私の場合、仕事探しの時点ではまだニュージーランドの保育で働いた経験は無かった為、TECSOLの資格を取得した学校にお願いをして、推薦状を書いてもらいました。

私が登録した派遣会社はJITBUGRANDSTADの2社です。

2社とも、保育園との直接的な面接はありません。
面接の代わりに、英語表記の質問事項が細かく書かれたシートを渡され、それに回答をしていきます。

あとは、日本でもらった推薦状とニュージーランドで発行された推薦状(私の場合はTECSOLの学校で発行してもらった推薦状)を送るのみです。

 

 

ラミー
ニュージーランドでの保育士としての労働環境はどうだった?

個人的な見解ですが、体力的にも精神的にも日本より楽だと感じました。

私の雇用形態はカバーティーチャー(正規雇用の保育士が何かあった場合の代理の保育士としての役割)だったので、正規雇用の保育士と違って、あまり責任の無いポジションだったということもあるかと思いますが、休憩に関して言えば、どの保育士も4時間以上働くと10分の休憩がもらえました。

もちろん日本でも休憩については与えられることになっているのですが、現状もらえることなんて稀だったりします。
日本で保育士として働いた経験がある方は、ご理解頂けるのではないかと思います。

それに比べ、ニュージーランドでは休憩に関してはしっかり取れます!
カバーティーチャーの存在があることで、正規の保育士もきちんと休憩や休暇がとれるシステムになっています。
正規雇用の保育士だけではなく、カバーティーチャーも然りです。

ちなみに日本では当たり前の残業...
ニュージーランドでは残業っていう概念がそもそもありません!
自宅での作業なんて皆無ですね(笑)

日本では祝日出勤もあったりしますが、ニュージーランドではありません。

日本とニュージーランドで保育システムが違うのもそうなのですが、日本はまだまだアナログなところが根強い印象にあります。

例えば...
連絡帳や掲示物の制作は手作りにこだわりがあり、とにかく時間をかけますね。

その点ニュージーランドでは、メディアの活用が主流となっており、それを利用することで仕事量や時間を削減し、保育士さんの仕事の負担がかなり減っているのだと思います。

 

 

ラミー
ニュージーランドの保育士のお給料は?

Unqualified(ニュージーランドの保育資格を持たない人)だと、19ドル(日本円でおよそ1330円)スタートでした。
Qualified(ニュージーランドの保育資格を持つ人)だと、30ドル(日本円でおよそ2100円)スタートです。
(インタビューを行った2020年10月時点での情報です)

ちょっとした裏話なのですが、派遣会社を通して保育園で働く方がお給料が良かったり、優遇される傾向にあります。

現在ニュージーランドでは、優秀な保育士たちが保育園との直雇用を離れ、派遣会社に登録する人が増加しているようです。

私はjitbugとRANDSTADの2社の派遣会社を登録しましたが、個人的には昇級のあるjitbugがおすすめめです。

 

 

ラミー
ニュージーランドで保育士の仕事に就職したいと考えている人に何か伝えるとしたら?

日本人はキウィと比べると細やかなところに気付くことができたり、ケアができるスキルを持っています。
キウィにそういったスキルを求めるのはちょっと難しいですよね...笑

日本人の仕事の仕方はとにかく丁寧。
その日本人の性質は能力の高い保育士としてニュージーランドでは認められます。
それを売り、強みにしたら良いと思います。

もしあなたが、本当に「ニュージーランドで保育士として就職してみたい!」という気持ちがあるのであれば、英語力が無いからといって諦めるべきではないし、諦める必要もありません。

これは私が実際に、ニュージーランドの保育園で働いてみて感じたことです。
実際に働いてみたら、英語力はさほど大きな問題では無いということに、あなたも気付くはずです。

それよりも、保育士として一生懸命な態度、そしてそれを行動で示していくことの方がずっと大事です。
そういった態度や行動がニュージーランドでは認められ、通用し、更には評価にさえ結びつきます。

「英語の勉強を怠っていい」と言いたいのではありません。
英語の勉強はもちろん頑張る必要がありますが、「英語力が無いから」と必要以上に心配したり、諦める必要は無いということを伝えたいんです。

日本では保育士の資格が無いと保育園では働けませんが、ニュージーランドではUnquailied(保育士としての資格が無い)でも働けます。

「ティファリキ」の環境下でのびのびと育つ子供達、そしてその理念をリスペクトし、子供達にとって最適な環境づくりをする保育士たち。
そんなニュージーランドの保育現場を、1人でも多くの日本人保育士たちに見てもらいたい、体験してもらいたいと思います。

まずは英語力への心配を捨て去ってしまうこと!
「ワーホリ中にニュージーランドの保育園で働いてみたい」という目標がある人、ぜひチャレンジしてみて下さい!

 

ニュージーランドワーホリ保育士求人まとめ


いかがでしたか?

ニュージーランドのワーホリ中に保育士として働いていた彼女の経験は、これから海外で保育士としての就職を考えている方に希望を与える情報となったのではないでしょうか?

ニュージーランド人は、他の英語圏の国の人に比べ、とてもフレンドリーで、英語が慣れていない移民に対して寛容な人が多いように感じます。
これはアメリカやカナダ、イギリスに行ったことがある私も肌で実際に感じたことです。

「英語力が無いから海外就職は絶対難しい!」と諦めるのではなく、挑戦してみてはどうでしょうか?
案外、「案ずるより産むが易し」だったりするかもしれませんよ。