タックスリターンやり方ニュージーランド!ワーホリ中の税金戻すには?

ニュージーランドワーホリ中にお金を稼いだ人が絶対にやっておきたいこと。
それはタックスリターンですよね!

日本で言う確定申告ですが、
タックスリターンをすることで、払いすぎた税金が戻ってきます。

戻ってくる金額が多かろうと少なかろうと、
ワーホリ中は100ドルでも200ドルでも貴重なはず。

そんな私も、ワーホリ中にタックスリターンやりました。
やらなければ税金として払いっぱなしになってしまいますが、
私は400ドルほど戻ってきました!

タックスリターンのやり方は全然難しくありません!
申請用紙の記入方法も公開するので、ぜひ皆さんもやってみて下さいね。

この記事はこんな人におすすめ!

・ニュージーランドタックスリターンのやり方を知りたい人

・申請用紙の記入方法が分からない人

 

 

ニュージーランドのタックスリターン概要

タックスリターンとは?

タックスリターンとは、日本でいう「確定申告」のことです。

タックスリターンは、原則として、収入を得た人全員が申請をしなければならないものですが、ワーキングホリデーなどで一年間の収入額が$9,880以下の人に申請義務はありません。

 

しかし、ワーキングホリデー中に給与から毎月天引きされている所得税が、

自分の支払うべき税額よりも支払いすぎている場合があるので、

過払い分の税金を取り返すことができるタックスリターン申請は、やっておくに越したことはありません

 

現在、タックスリターンは政府により自動で申請されるようになったので、原則何もしなくても自動的にニュージーランドの銀行口座に過払い分が返金されますが、

万が一政府からIR3という申請用紙が送付された場合には、自分で申請しなければなりません。

また、機械的な自動返金が不安な場合には、自分から申請することもできます。

 

 

ニュージーランドの所得税について

ニュージーランド国内で1ドルでも収入を得た場合、所得税を払わなければなりません。これは通常、給与から自動的に引かれています。

所得税の速算表は以下の通りです。

年収額 税率
NZ$1~14,000 10.50%
NZ$14,001~48,000 17.50%
NZ$48,001~70,000 30%
NZ$70,001~80,000 33%

( 2021年9月時点の情報です。申請時には税務当局の最新情報を下記リンク先よりご確認ください)

 
スポンサーリンク


 

ニュージーランドタックスリターンのやり方手順

申請時期

ニュージーランドのタックスリターン申請完了までの流れは以下のようになります。

時期
3月31日 税金額が確定
5月中 IR3申請用紙が政府から送られてくる
7月7日 申請用紙の提出〆切
申請完了後 返金額がニュージーランドの口座に振り込まれる

(2021年9月時点の情報です。申請時には税務当局の最新情報をご確認ください)

 

 

申請方法は?

IR3という申請用紙を受け取った場合の申請方法は、
①IR3申請用紙をオフィスの窓口で直接提出、または郵送

②オンラインで申請する

のどちらかを選択することができます。

オンラインの方が短時間で申請を済ませることができますが、書類入力時の不備があった場合、修正に二度手間がかかってしまう可能性があります。

ワーキングホリデーなどで初めてタックスリターンを申請する方税金が確定する3月31日より前に日本へ帰国する方は、申請用紙を窓口で提出することをおすすめします。

窓口に行けば、わからないことを担当者の方が教えてくれますし、申請を確実に完了することができるので、不安な方は窓口で済ませてしまうのが一番です。

IR3申請用紙は窓口でもらうこともできますし、Web上でダウンロードすることもできます。

 

 

申請時に必要な書類

タックスリターンを申請する際に必要な書類は、

  • IRDナンバー
  • パスポートのコピー
  • 日本行き航空チケットのコピー

の3点になります。
忘れずに準備をしましょう。

 
スポンサーリンク




 

申請用紙の記入方法

それではこれから、タックスリターンIR3申請用紙の記入方法をご説明致します。

まずはタックスリターンIR3申請用紙をダウンロードして下さい。

ぱっと見た感じ、何が書いてあるのか分からないですよね。
でも大丈夫です!
ワーキングホリデーで滞在している方は、記入する項目が決まっているので数分程度で書き終えることができます。

では、各項目について説明していきます。

 

 

パーソナル情報

ここでは氏名や住所、IRDナンバーなどのご自身の個人情報を記入します。

※画像は2020年版の申請用紙になっていますが、記入方法は全て一緒です。

画像の説明に沿ってそれぞれ記入してください。

 

Income

ここは所得に関する質問になります。

11は家族税の控除を受けているかどうかの質問なので、Noにチェックを入れてください。

11Aについてですが、ワーホリ中にお給料を受け取った人はYesにチェックを入れてください。

その場合、11Aに税金が引かれた後の手取り金額(銀行口座に実際に振り込まれた金額)を、11Bに税金が引かれる前の金額(銀行口座に振り込まれる前の税金が差し引かれる前の金額)を記入してください。
給料明細を確認すれば、すぐにわかるはずです。

12~16は借金や配当金、投資信託などに関する質問なので、すべてNoにチェックを入れてください。

 

 

17に関してですが、日本での収入がある方はYesにチェックを入れます。

18~20は、パートナーシップや株主に関する質問なのですべてNoにチェックを入れてください。

21は未記入で大丈夫です。

22~26は、財産や自営に関する質問なのですべてNoにチェックを入れてください。

27は未記入で大丈夫です。

28、30は給与に対する出費、繰越欠損金に関する質問なのでNoにチェック、29、31は未記入で大丈夫です。

 

 

Tax credits

ここは税額控除についての質問項目です。

32Aは、29の金額が$24,000 から $48,000に該当しないのでNoにチェックを入れてください。

32Bは未記入で大丈夫です。

 

33は二重課税に関する質問なので、Noにチェックを入れてください。

 

 

Tax calculation

ここは税計算の項目です。

34は未記入のままで大丈夫です。

35は早期支払い割引に関する質問なので、Noにチェックを入れてください。

 

Refunds and/or transfers

ここは返金・送金の質問項目になります。

36~36Kは未記入のままで大丈夫です。

 

2021 provisional tax

ここでは仮払い税金に関する質問項目になります。

37は未記入、38は退職年金制度や生命保険証券などの権利に関する質問なのでNoにチェック、39はYesにチェックを入れてください。

39Aは一番最初の□(ニュージーランドに到着し、私は現在納税者です)にチェックを入れてください。

39Bはニュージーランドに到着した日付を記入してください。

39Cはニュージーランドを出国する日付を記入してください。

 

Notice of assessment and declaration

最後は著名を記入する項目になります。

40は著名と日付を記入してください。

 

 

落とし穴?!ワーホリ中の税金還付金処理!

タックスリターン還付金がニュージーランドの銀行口座に振り込まれたものの、
日本の銀行口座への資金移動ができない!
どうしよう?!

といったお問い合わせが毎年あります。

ニュージーランドの銀行口座から日本の銀行口座へ資金移動する為の手段を、
ニュージーランドワーホリ中に準備しておく必要があります。
それについては以下の記事で解説していますので、参考にしてみて下さい。

ニュージーランドタックスリターンお金が受取れないワーホリ失敗談!

2021.09.25

 
スポンサーリンク


 

まとめ

以上、ニュージーランドタックスリターンのやり方と、申請用紙の記入方法についてご紹介しました。

タックスリターンを申請することで、多少なりとも過払いした税金が返済されるので損はありません。
申請用紙を記入し、窓口に提出すれば簡単に申請を終えることができます。

返済の予定がワーホリ後、日本帰国後、という方は、
日本でその還付金が受け取れるように処理をしておくことをお忘れなく!

ABOUTこの記事をかいた人

ニュージーランドの南島でファーム暮らしをしているカブラルです。 旅行、美味しいご飯とお酒、楽しいことの企画が大好きです。 ファームステイや南島周遊ツアー、ワーホリサポートを提供しており、皆さんのニュージーライフを楽しいものにするお手伝いをしています♪