ニュージーランドタックスリターンお金が受取れないワーホリ失敗談!

ワーホリを終えて日本に帰国された方から、
以下のようなご相談を受けることがよくあります。

ニュージーランドのタックスリターン還付金が、ニュージーランドの銀行口座に振り込まれました。
しかし、ニュージーランドの銀行口座からその還付金を日本で受け取ることができません。
どうしたら良いですか?

という内容のご相談。
実は私自身、ワーホリ時代に同じようなミスをしています。

タックスリターンの書類提出がきちんとできても、
還付金が自分の元に入らなければ意味が無いですよね。

今日は、還付金を日本で確実に受け取る方法について
2通りの方法をご紹介致します。

タックスリターン申請用紙の記入方法が分からない方は、
こちらの記事にタックスリターン申請用紙記入見本を公開しております。
ご参考下さい。

 

還付金の受け取り方法

まず還付金の受け取り方についてですが、
4月1日を境にして2パターンあります。

4月1日以降もニュージーランドにいる人の場合

IRDナンバー申請時に登録したニュージーランド銀行口座に、自動的に入金されます。

 

3月31日以前にニュージーランド出国予定の人の場合

方法として、以下の2通りがあります。

  1. 日本の住所に小切手を送ってもらう
  2. ニュージーランドの銀行口座を開設したままにしておき、その口座に入金してもらう

①の場合で還付金が少ない場合、日本の銀行へ支払う手数料の方が高くついてしまい、
マイナスとなることもあるので注意が必要です。

実はこれ、私がしたミスです。

小切手を持って三井住友銀行に出向いたのですが、窓口で銀行の方に
「お手続きすると、お客様に○○円をお支払い頂くことになりますが、如何致しますか?」と聞かれました。
受け取り金額より、銀行手数料の方が高かったのです...

もちろんお断りしました。

その後どうしたのか?というと、
ニュージーランドに再度入国した際に、
小切手を持ってニュージーランドの銀行に行き、現金を受け取りました。

ただ、ニュージーランドにまた入国する予定が無い方にとっては、
現実的では無い方法ですよね。

②の場合、ニュージーランドの銀行口座に、IRDから還付金が振り込まれます。

ただ、問題となるのが
その還付金をどうやって日本で受け取るのか?です。

次から、その解決法について解説をしていきます。

スポンサーリンク


 

還付金を少額でも確実に受け取る方法とは?

どうしたらワーホリ後、日本でタックスリターンのお金を受け取れるのか?
答えから言うと、以下の2つの方法があります。

  1. ニュージーランド銀行のデビットカードを作る
  2. ワイズで海外送金する

それぞれについて解説します。

デビットカードを作る

自分が使っているニュージーランドの銀行で、デビットカードを作ります。
ワーホリの場合、クレジットカードをつくるのは、条件的にややハードルが高いです。
ですが、デビットカードは誰しも簡単に作ることができます。

ニュージーランド滞在中、
エフトポスカードを使っていた方がほとんどだと思いますが、
エフトポスカードとデビットカードには徹底的な違いがあります。

デビットカードの場合、
①オンラインショッピングでの支払いが可能
②ニュージーランド以外の国から出金が可能

ただ、これも注意が必要です。

以前、日本のショッピングサイトでお買い物をして、
ニュージーランドのデビットカードを利用したかったのですが、
いくつかのショッピングサイトではお支払いができませんでした。
日本で発行されたカードでないとお支払いできないようでした。

また②に関しても、
出金が可能な場合と可能でない場合あったり、
手数料やレートのことを考えるとあまりお得ではないかもしれません。

そしてもう1つ欠点をあげるなら、
デビットカードは年会費がかかります。

私はWestpacのデビットカードを持っているのですが、
発行1年後から、年会費10ドルが毎年かかっています。

ANZやKiwi bankのデビットカード年会費については、
それぞれの公式ウェブサイトから確認をして下さい。

ワイズで海外送金する

2つ目の解決策は、ワイズという海外送金を利用して、
ニュージーランドから日本に資金移動をする方法です。

注意点としては、
ニュージーランドにいる間に「ニュージーランド用のアカウント」をつくっておくことです。

なぜなら、
ニュージーランドから日本へ資金移動をさせるには、
「ニュージーランド用のアカウント」が必要だからです。

アカウント作成には、

  1. ニュージーランドで発行された写真付き身分証明書
  2. ニュージーランドの住所証明

の2点が必要です。

ワイズは、海外在住者御用達の海外送金オンラインサービスです。

利用方法については、ワイズ「ステップバイステップガイド」を確認して下さい。

①に関して、
私はニュージーランド発行の運転免許証を提出しました。

②に関しては、
Westpacで住所を登録。

Westpacの窓口で、
銀行印付きの書類をプリントアウトしてもらいました。

タックスリターン還付金を受け取る手順としては、
以下のようなイメージをもっておくと良いでしょう。

  1. ニュージーランドの銀行口座は開設した状態のまま日本帰国
  2. IRDからニュージーランドの銀行口座にタックスリターン還付金が入金
  3. ワイズを利用し、ニュージーランドの銀行口座から日本の銀行口座に海外送金
  4. ニュージーランドの銀行口座やデビットカードの利用を止めたい場合には、銀行のEmail宛に処理の依頼

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたか?

タックスリターンの申請手続きを終えると、
「これで還付金が受け取れるぞ!」と安心してしまい、
その先のことについてなんて考えませんよね。

まさか意外な落とし穴があるだなんて、
自分が経験するまでは全く気付きませんでした。

そしてこの経験を思い出したのも、
ワーホリ日本帰国者によるご相談があったからこそです。

自分以外にもいるんだなぁ...と思いつつ、
こんなことで悩む人がいなくなるよう、記事に書いてみました。

ニュージーランドのタックスリターン手続き、
「提出したら終わり!」ではありません。

還付金が日本でも受け取れるよう、
ニュージーランドにいる間にしっかりと対策をしておきましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ニュージーランドの南島でファーム暮らしをしているカブラルです。 旅行、美味しいご飯とお酒、楽しいことの企画が大好きです。 ファームステイや南島周遊ツアー、ワーホリサポートを提供しており、皆さんのニュージーライフを楽しいものにするお手伝いをしています♪