お年玉何歳から何歳まででいくら?年齢別相場金額知れば恥知らずに!

「お年玉の相場金額はいくら?」「何歳から何歳まで上げれば良いの?」

正月が近づくにつれてこんなお悩みを持つようになってきたのではないでしょうか。

特に、甥や姪がいる方は何歳からお年玉をあげればいいか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、

  • お年玉は何歳から何歳まであげるべきか
  • 年齢ごとの相場金額はいくらか

について紹介していきます!

 

お年玉は何歳から何歳まで?


大前提として、お年玉をあげるのに年齢は決まっていません。

そもそもお年玉は、年神様から魂を授かるために手段として、魂が宿ったとされる鏡餅やお金を家長が家族に分け与えられるものです。

なので、「子供が何歳になったからお年玉をあげようか。」というように考える必要はありません。

0歳からお年玉をあげる家族や、小学生からお年玉をあげる家族もいるのも事実ですので、自分たちが考えたことを実行するようにしましょう!

\ぽち袋・お年玉袋ランキング楽天1位/

 

お年玉はいくらあげるべき?年齢別相場金額は?

お年玉の年齢別相場金額についてまとめました!

 

幼児の場合

幼児のお年玉相場金額は、500円~1000円でした。

高額でも3000円ということで、あまり大きすぎる金額を渡しても受け取った家族は困ってしまうのかもしれませんね。

子供に手渡しでもいいですが、小さい子がなくしてしまう可能性もあるので親の前で渡すのが良いでしょう。

 

小学生の場合

小学校低学年は1000~3000円、小学校高学年は3000~5000円が多いです。

やはり年齢相応にお年玉の金額は上がっていくようですね。

小学校低学年は、お金の価値は分かっていても使い方がわからず、そのまま貯金するケースが多そうですね。

年を取り、小学校高学年になると遊び方も変わっていき、高額なゲームや漫画などお金のかかる遊びをしたりするので、それを買うためのお年玉なのかもしれませんね!

 

中学生の場合

中学生の場合は、5000~10000円とぐっと金額が上がります。しかし、3000円という方も多いようです。

年をとるにつれて使う金額が増えるのは当然のことなので、おのずとお年玉の金額も上がっていきます。

中学生となると、友達と電車を使って遠出したり、おしゃれに目覚めたり小学生と比べて使い道が増えることも関係しているかもしれませんね!

 

高校生の場合

高校生のお年玉金額相場は、5000~10000円と中学生と金額は同じです。

しかし、割合でいうと中学生よりも上がっている傾向があります。

金額があまり上がらないのは、高校生から自分で稼げることが関係しているといえます。

アルバイトで稼いでいる高校生にお年玉あげる必要はあるのか、とても悩ましいことですが、そこはそれぞれの家庭で判断が必要ですね。

 

大学生の場合

大学生の場合も、5000~10000円が多い結果となりました。

しかし、高校生よりも高い金額の割合は上がっています。

大学生にもなれば、拘束に縛られることなくアルバイトで稼ぐことができるので、金額がぐっと上がることはないのかもしれませんね。

30000円以上お年玉がある場合は少数のようです。

スポンサーリンク


 

まとめ

お年玉は何歳から何歳まであげるべきか?また相場金額はいくらなのかについても紹介しました!

甥や姪がいる場合は、上げる金額に悩む事もあるかもしれませんが、上げる金額に正解はありません。

それぞれの家庭で違いがあるのが、またお年玉の良さでもあるかもしれませんね!

ABOUTこの記事をかいた人

ニュージーランドの南島でファーム暮らしをしているカブラルです。 旅行、美味しいご飯とお酒、楽しいことの企画が大好きです。 ファームステイや南島周遊ツアー、ワーホリサポートを提供しており、皆さんのニュージーライフを楽しいものにするお手伝いをしています♪