オールブラックスメンバー紹介!新キャプテンのサム・ケインと注目すべき3選手とは?

ラグビーニュージーランド代表は通称「オールブラックス」と呼ばれ、ラグビーの王国としてこれまでに3度のワールドカップ優勝を経験しています。
2019年に日本で開催されたラグビーワールドカップ2019でも、圧倒的な強さを披露し、3位という好成績を収めていました。

フランスで開催されるラグビーワールドカップ2023の出場権も、すでに獲得しているオールブラックス。
そんなオールブラックスに、2020年現在、どんな選手が在籍しているのでしょうか?

また、2020年に発表されたオールブラックスの新たなキャプテンが誰なのかも気になります。
そこで今回は、オールブラックスの2020年現在在籍しているメンバー紹介や、キャプテン・注目選手について詳しくご紹介します。

 

オールブラックスのメンバー紹介

早速ですが、世界最高のチームであるオールブラックスを知るために、2020年現在オールブラックスに所属する選手の「名前/ポジション」を簡単にまとめました。

  1. アーロン・スミス/スクラムハーフ
  2. アンガス・タアヴァオ/プロップ
  3. アントン・リナートブラウン/センター
  4. アーディ・サヴェア/フランカー
  5. アトゥナイサ・モリ/プロップ
  6. ボーデン・バレット/スタンドオフ
  7. ベン・スミス/ウイング・フルバック
  8. ブラッド・ウェバー/スクハムハーフ
  9. ブローディ・レタリック/ロック
  10. コーディ・テイラー/フッカー
  11. デイン・コールズ/フッカー
  12. ジョージ・ブリッジ/ウイング
  13. ジャック・グッドヒュー/センター
  14. ジョー・ムーディー/プロップ
  15. ジョーディ・バレット/フルバック
  16. キーラン・リード/ナンバーエイト
  17. リアム・コルトマン/フッカー
  18. ルーク・ジェイコブソン/ルースフォワード
  19. マット・トッド/フランカー
  20. ネポ・ラウララ/プロップ
  21. オファ・トゥンガファシ/プロップ
  22. パトリック・トゥイプロトゥ/ロック
  23. リーチ・モウンガ/スタンドオフ
  24. リーコ・イオアネ/ウイング
  25. ライアン・クロッティ/センター
  26. サム・ケイン/フランカー
  27. サム・ホワイトロック/ロック
  28. スコット・バレット/ロック
  29. セヴ・リース/ウイング
  30. シャノン・フリゼル/フランカー
  31. サニー・ビル・ウィリアムズ/センター
  32. TJ・ペレナラ/スクラムハーフ

2020年のメンバーは、計32選手が在籍しています。
若手からベテランまで幅広い世代の選手が活躍しており、勢いと経験が合わさっているからこそ、オールブラックスは常勝軍団としてプレーし続けられているのかもしれませんね。

スポンサーリンク


 

オールブラックスのキャプテンはレジェンドの後継者サム・ケイン!


ニュージーランドラグビー協会が2020年5月5日、オールブラックスの新キャプテンについて、以下のように発表していました。

ニュージーランドラグビー協会は5月5日、同国代表“オールブラックス”の新しいキャプテンにサム・ケインが指名されたと発表した。ニュージーランドラグビー協会

 

新キャプテンは、フランカーとして活躍しているサム・ケインです。
日本で開催されたラグビーワールドカップ2019では、キアラン・リードがキャプテンを務めていました。

キアラン・リードはラグビーワールドカップ2019を最後に引退したため、サム・ケインが後任となります。

サム・ケインは2012年からオールブラックスの選手として68キャップを重ね、2015年のワールドカップ優勝に大きく貢献。
所属するスーパーラグビーのチーフスでもチームキャプテンを務めており、高いリーダー性が評価されています。

 

オールブラックスのキャプテンといえば、言わずと知れたザ・キャプテンのリッチー・マコウがいます。

リッチー・マコウは2003年から4大会連続でワールドカップに出場。
2007年からはキャプテンに就任し、常勝軍団のオールブラックスを見事にまとめあげていました。
オールブラックスのレジェンドであり、歴代所属選手の中でダントツの人気を誇っています。

 

サム・ケインはレジェンドであるリッチー・マコウの後継者であると若い頃から言われ続けてきました。
そんなサム・ケインが今後のオールブラックスをどうまとめあげていくのか注目です。

ニュージーランドラグビー「オールブラックス」のハカの種類と歌詞の意味とは?

2020.08.09

スポンサーリンク



オールブラックスの注目選手3人とは?!

 

ここでは、オールブラックスの選手の中で、とくに注目してほしい3人の選手をご紹介します。

 

注目選手①ボーデン・バレット

1人目は、2016-2017年ワールドラグビー年間最優秀選手翔を受賞したボーデン・バレットです。
ボーデン・バレットは1991年5月27日生まれの29歳(2020年8月現在)
スタンドオフでプレーし、ゲームコントロールだけでなく、ランで相手DFラインを切り裂くことも可能です。

2011-2019年に在籍していたハリケーンズでは、チームの司令塔として活躍し、2016年には得点王とチーム初優勝に大きく貢献。
オールブラックスの中でも、その技術力は突出している選手でしょう。

 

注目選手②リーコ・イオアネ

2人目は、2016年11月にオールブラックス史上8番目の若さ(19歳239日)でデビューを飾った、大注目のリオ・イオアネです。
ウイングとしてプレーし、これまでに多くの賞に輝いています。

2017年からはオールブラックスの主力選手として活躍し、ワールドラグビーのMVP候補に選ばれたこともありました。
2019年にはオールブラックスで24試合中22トライを決めるなど、驚異的な得点力を誇っています。

ワールドカップ2023でも、オールブラックスの得点源として、凄まじいプレーを披露してくれるのではないでしょうか。

 

注目選手③サム・ホワイトロック

3人目は、2017年スーパーラグビーの年間最優秀選手賞・ニュージーランドの年間最優秀選手の2冠を獲得したサム・ホワイトロックです。
ロックのポジションで活躍し、クルセイダーズ所属時には3連覇に大きく貢献。

オールブラックスのロックとして最多キャップ数を持つベテランで、ラグビーワールドカップ2023のメンバーに選ばれれば、経験を活かしたプレーでチームを支えてくれる存在となるでしょう。

スポンサーリンク


 

まとめ

オールブラックスには2020年現在32選手が在籍しており、常勝軍団としてラグビー界を牽引しているチームといえます。
2020年5月5日には、オールブラックスの新たなキャプテンとして、フランカーのサム・ケインが指名されました。

サム・ケインがオールブラックスをどうまとめあげていくのか、ボーデン・バレットやリーコ・イオアネなどにも注目です。
ラグビーワールドカップ2023はまだ先になりますが、オールブラックスがどんなプレーを見せてくれるのか楽しみです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ニュージーランドでファーム暮らしを満喫しているカブランです。 旅行、美味しいご飯とお酒、楽しいことの企画が大好きです。 ファームステイや南島周遊ツアー、ワーホリサポートを提供しており、皆さんのニュージーライフを楽しいものにするお手伝いをしています♪