オールブラックスのアディダスにはなぜ3本線が無い?その謎を解明!

ラグビーニュージーランド代表オールブラックスの大会着用ユニフォームは、アディダスです。

現在は、日本のデザイナー・山本耀司とアディダスの協業ブランドY-3がデザインしています。

オールブラックスのユニフォームをファッションデザイナーが手掛けるのは初の試みでした。

なぜ、アディダスが採用されたのでしょうか?

また、アディダス採用にも関わらず、アディダスのシンボルである3本線がオールブラックスのユニフォームに無いのはなぜなのでしょうか?

今回はオールブラックスのユニフォームにまつわる謎に注目していきたいと思います。

 

オールブラックスとアディダスのなぜ?黒の理由を解明!

1882年、ラグビーニュージーランド代表が結成されました。

当時は繊維の色は主に原色であった為、ユニフォームの色の選択肢がなかったそうです。

1892年、ニュージーランドラグビー協会(New Zealand Rugby Union)が設立。

それまで様々な色が使われていた代表のユニフォームでしたが、色を統一しました。

当時のニュージーランド代表のパンツは白でしたが、トップスとソックスを黒に選択。

その後、パンツも黒にしたという流れです。

見事に全身黒に統一され、「オールブラックス」の名が定着しました。

それ以降は、ユニフォームの色を他の色にしようという案はどこからも出ていません。

(ホームでの対戦相手が黒に似た色の場合は、黒以外を着用しています。)

今ではニュージーランドの様々なスポーツチームが、黒のユニフォームを着用していますよね!

 

オールブラックスはラグビーだけではなく、ニュージーランドの誇り高い国民色であるように感じます。

ハカの踊り方では2種類のハカ動画を紹介しましたが、黒のユニフォームと相まって迫力が増し、とても格好良いです。

 

オールブラックスとアディダスのなぜ?採用理由を解明!

アディダスとオールブラックスは1999年に契約を結んでいます。

アディダスが選ばれた理由は、ソックスのラインがポイントだったようです!

ソックスのラインが3本線になったのをきっかけに、アディダスと契約を結んだそうですよ。

 

また、2019年のラグビーワールドカップでユニフォームのデザインを変更したのは、記憶に新しいです。

このデザインを手掛けたのは、日本のデザイナー・山本耀司とY-3です。

「ラグビーワールドカップの開催地が日本だった」ということで、山本耀司とY-3のコラボレーションが実現しました。

「日本開催のラグビーワールドカップだから、日本のデザイナーを採用する」だなんて凄く粋ですよね。

山本耀司も世界的に有名なデザイナーでしたので、新ユニフォームはとても注目を浴びました!

このコラボレーションにより、アディダスは更に世界に認知される有名ブランドになりました。

ユニフォームに日本と関わりがあるだなんて、オールブラックスが一層魅力的に見えてきますね!

2022年の試合日程でも解説しましたが、2022年は日本来日も予定されています。

オールブラックスが同じ日本に立ってプレイしてくれるだなんて、今からワクワクしますね!

 

オールブラックスとアディダスのなぜ?3本線が無い理由を解明!

ソックスに3本線が入っていたことで、アディダスと契約を結んだはず。

3本線がアディダスのシンボルであることは、周知のことです。

ユニフォームにはアディダスのシンボルである3本線が無いのは、なぜなのでしょうか?

 

ユニフォームの規定については、ニュージーランドラグビー協会の総会で決まりました。

以降1991年までは、シルバーファーンをロゴにした黒のトップスと、ニッカポッカと言われる白いパンツがユニフォームとして着用されていました。

現在ではパンツも黒ですが、トップスのデザインは変わらず、伝統を大事に受け継がれています。

この伝統を重要視していることから、アディダスの3本線が無いのだと考えられます。

 

次回のラグビーワールドカップ開催国はフランスです。

2023ラグビーW杯日程でも解説していますが、プール組み分けやテストマッチの日程も既に発表がされています。

3本線の存在にも、ちょっと注目して見てみたいと思います。

 

ちなみにオールブラックスの試合は、WOWOWでの視聴が可能ですよ。

\オールブラックスのライブ配信を視聴する/

 

 

オールブラックスとアディダスのなぜ?22年継続理由を解明!

アディダスは1999年からオールブラックスと20年以上に渡って、契約しています。

実は少しずつ性能を改良してきているというのを、ご存知でしょうか。

2000年前後は半袖や長袖の人もいたり、生地には重たいコットンを使っていました。

2011年の改良時には強度を高め、軽量のモデルに変更しました。

2015年にはその強度を保ちつつ、更にフィット感にもこだわった製品を提供しました。

そして2019年のラグビーワールドカップの時には、それまでの強度とフィット感に快適性もプラス!

これには技術として「シームレス織り」を開発し、伸縮性のある布地「メカニカルストレッション」を採用。

前大会より25%の軽量化に成功したのです。

ラグビーという競技自体もプレーヤーも、日々変化しています。

個性豊かなオールブラックス代表メンバーを見てもわかる通り、体格や得意ポジションも様々。

プレーヤーのパフォーマンス向上の為の商品改良に向ける姿勢。

これが、アディダスが長くオールブラックスに愛される理由なのでしょうね。

 

オールブラックスとアディダスのなぜ?まとめ

オールブラックスがアディダスを採用するのはなぜなのか?

アディダスを採用しているのに、そのシンボルでもある3本線がオールブラックスのユニフォームに無いのはなぜなのか?

オールブラックスのアディダスユニフォームにまつわる謎が解明できたかと思います

アディダスの開発メンバーはラグビーファンであり、プレーヤーでもあるそうです。

アディダスが常に進化し、成長し続ける理由は、オールブラックスのいちサポーターとして彼らを応援しているからなんですね。

応援しているチームには、最高のコンディションで頑張ってもらいたいものですよね。

私もこれからも、オールブラックスとアディダスの活躍を応援していきたいと思います!