オールブラックスのワールドカップメンバー2023!新選手も注目!

オールブラックスの2023年ワールドカップメンバーが発表されました!

いよいよ始動する2023年のオールブラックス、新選手にも注目が集まっています。

そこで今回は、オールブラックスのメンバー、ポジションをいち早くお知らせします。

さらに、2023年オールブラックスとしての初めての試合日程も紹介しています。

ワールドカップに向けますます士気高まるオールブラックス。

是非お見逃しなく!

 

オールブラックスワールドカップメンバー2023紹介!

ここでは、ワールドカップメンバーをポジションとともに紹介していきます。

オールブラックス2022メンバーに漏れてしまったメンバーも紹介していますので、是非ご確認下さいね。

それでは早速、2023年ワールドカップオールブラックスメンバーを紹介します!

ポジション 名前 年齢 身長 体重
フッカー デイン・コールズ 35 184 110
コーディー・テイラー 31 183 106
サミソニ・タウケイアホ 24 183 115
プロップス エイダン・ロス* 26 189 111
ジョージ・バウワー 30 183 115
ネポ・ラウララ 30 184 116
オファ・トゥンガファシ 30 195 129
カール・トゥイヌクアフェ 29 186 135
アンガス・タアヴァオ 32 194 125
ロック サム・ホワイトロック 33 202 110
ブロディ・レタリック 31 204 121
スコット・バレット 28 197 105
ジョシュ・ロード 21 202 110
トゥポウ・ヴァーアイ 24 198 118
ルースフォワード ピタ・ガス・ソワクラ 27 195 110
サム・ケイン(キャプテン) 30 189 103
ダルトン・パパリイ 24 193 113
アーディー・サヴェア 28 188 101
アキラ・イオアネ 26 194 113
ホスキンス・ソトゥトゥ 23 192 106
ハーフバックス フォラウ・ファカタヴァ 22 177 80
アーロン・スミス 33 171 83
フィンレイ・クリスティ 26 177 82
ファーストファイブエイト スティーブン・ペロフェタ 25 180 85
ボーデン・バレット 31 187 91
リッチー・モウンガ 28 176 83
ミッドフィールダー ロジャー・トゥイバサ・チェック 29 182 96
クイン・トゥパエア 23 187 102
ジャック・グッドヒュー 27 187 100
リエコ・イオアネ 25 189 105
デービッド・ハヴィリ 27 184 88
アウトサイドバックス レスター・ファインガアヌク 23 188 109
ジョーディ・バレット 25 196 96
ウィル・ジョーダン 24 188 94
ケイレブ・クラーク 23 189 107
セブ・リース 25 182 91

ジョー・ムーディ、アントン・リーナー・ブラウン、イーサン・ブラッカダーは怪我のため欠場。

パトリック・トゥイプロトゥ、ダミアン・マッケンジーは、ニュージーランドラグビー復帰基準により欠場です。

 

個人的に期待していたTJ・ペレナレがメンバー入りしていなかったのが、とても残念です。

TJ・ペレナレはもしかしたらオールブラックスではなく、マオリ・オールブラックスなのかも?

マオリオールブラックスによるハカで紹介したティマタンガを見せてくれるかもしれませんね!

 

 

オールブラックスワールドカップメンバー2023新選手に注目!

2023年のワールドカップに向けて新編成されたオールブラックス。

今回加わった新メンバーについて、していきます!

 

ピタ・ガス・ソワクラ

ピタ・ガス・ソワクラは、2018年にチーフスで負傷交代選手として活躍。

大きな印象を与えました。

実は元バスケットボール選手!

2012年FIBAオセアニア・アンダー19選手権で、フィジー代表オタゴ・ナゲッツで活躍しています。

2015年フィジー代表としてバスケットボールで銀メダルを獲得。

その2年後の2017年に、タラナキ・ラグビー・アワードで最優秀選手に選ばれています!

バスケにもラグビーにも才能があるなんて・・・とびっくりしてしまいますが、オールブラックスって意外とそういう選手多いですよね。

2018年の活躍でチーフスの常連選手となったピタ・ガス・ソワクラは、2022年DHLスーパーラグビー・パシフィック・シーズンでも大活躍。

機転と機動力を持ち味とする新星NO8に、多くの人が注目しています。

 

エイダン・ロス

エイダン・ロスは、2015年ワールドラグビーU-20チャンピオンシップを制したニュージーランドU-20代表のメンバーです。

2017年、チーフスの負傷選手の代わりに招集され、ウェスタン・フォース戦でデビュー。

2019年のNPCチャンピオンシップでベイ・オブ・プレンティのキャプテンを務め、優勝に導きました。

2020年までチーフスで活躍を続け、その後はスーパーラグビー選手として力をつけてきました。

選手としての実力はもちろん、キャプテンの経験を活かした牽引力に期待されています。

 

レスター・ファインガアヌク

レスター・ファインガアヌクは、クルセイダーズに所属しています。

DHLスーパーラグビーパシフィックシーズンで大活躍し、まもなく決勝戦も控えています。

これまでジュニアクルセイダーズ、クルセイダーズデベロップメントXV、ニュージーランドアンダー20の代表選手として活躍。

ラグビー界を代表する、文字通り「期待の新星」として今回大抜擢されました。

ミッドフィールドとウィングの両方をプレーできるオールマイティなバックに注目です。

 

ロジャー・トゥイヴァサ=シェック

ロジャー・トゥイバサ=チェックは、元ラグビーリーグのスーパースターです。

シドニー・ルースターズでNRLプレミアシップ優勝。

ウォリアーズでダリーMメダリスト(NRLシーズン最優秀選手)を獲得しています。

NRLでは200試合以上、キウイ代表ではウイングとフルバックとして20試合に出場。

シドニーに行く前は、オタフク・カレッジのスクールボーイ・ラグビーのスター選手でした。

当時はブルースのU-18と、ニュージーランドの学校の代表選手でした。

今シーズンは、DHLスーパーラグビーのパシフィックルーキーとして大活躍!

スピードもタックルも力強く、何よりその完璧なフットワークが安心感半端ない選手です。

 

スティーブン・ペロフェタ

スティーブン・ペロフェタは、ワンガヌイ大学在学中に一流のラグビー選手として活躍し、ハートランドXVに選出されました。

若い頃から実力を評価されていたペロフェタは、2017年にスーパーラグビーデビュー。

当時のブリティッシュ&アイリッシュライオンズ戦で、ブルースを勝利に導きました。

2021年のBunnings Warehouse NPCでは、Duane Monkley Medalを獲得しています。

2023年オールバックスでは、最強のフルバック・ボーデン・バレットとの活躍が期待されています!

 

フォラウ・ファカタヴァ

フォラウ・ファカタヴァは、正確なパス、力強いディフェンスが持ち味。

オーストラリアで最も可能性を秘めた若手選手の一人として大変注目されています。

2020年のNPCプレミアシップでは、ホークスベイの昇格に貢献。

この活躍で、NPC最優秀選手としてドゥエイン・モンクレー・メダルを授与されました。

その後はハイランダーズの選手として活躍を続けますが、2021年、膝の負傷により戦線離脱。

悔しさをバネに、アーロン・スミスと強力なハーフバックコンビを形成します。

2022年のDHLスーパーラグビー パシフィックで、最高の状態でハイランダーズに返り咲きました。

 

オールブラックスワールドカップメンバー2023の監督は?

オールブラックスHC(ヘッドコーチ)はイアン・フォスターです。

イアン・フォスターは、現役時代はワイカトとチーフスのプレイヤーとして活躍しました。

当時のポジションはスタンドオフ(SO)です。

 

現役引退後、ワイカト・チーフス・U-20ニュージーランドのコーチを歴任。

2011年、ニュージーランド代表・オールブラックスのアシスタントコーチに就任しました。

その後8年間、アシスタントコーチとしてオールブラックスを支えました。

2019年に引退した前HC、スティーブ・ハンセンの後任として、オールブラックスHCに就任。

コロナ禍で練習もままならない厳しい状況でしたが、11戦8勝2敗1分(勝率73%)という成績です。

  • 主力選手との良好な関係
  • 新人選手の積極的な育成
  • 前HCから受け継いだ、オールブラックススタイルを熟知している

これらの強みは、イアン・フォスターを除いて他にいないと言われます。

ポストコロナ、初のワールドカップ。

一体どんなオールバックスに仕上げてくるのか、監督の手腕にも注目していきましょう。

 

オールブラックスワールドカップメンバー2023最初の試合は?

新生オールブラックスの初陣は7月2日のアイルランド戦です!

オールブラックスにとっては、2017年のブリティッシュ&アイリッシュライオンズツアー以来のホームシリーズとなります。

2022年シュタインラガーシリーズ
7/2 (土) 22:05 vsアイルランド イーデンパーク(オークランド)
7/9 (土) 22:05 vsアイルランド フォーサイス・バー・スタジアム(ダニーデン)
7/16 (土) 22:05 vsアイルランド スカイスタジアム(ウェリングトン)

 

オールブラックスの試合はWOWOWでの視聴が可能ですよ。

\オールブラックスのライブ配信を視聴する/

 

新人メンバーはもちろん、歴代人気キャプテンでも取り上げたサム・ケインの働きにも注目ですね。

2023年オールブラックスのメンバーは、現在続々とキャンプ地入りをしています。

体も気持ちも完璧に仕上げてくるであろうオールブラックスに、期待が高まります。

 

オールブラックスワールドカップメンバー2023まとめ

2023年のワールドカップに向けて新生されたオールブラックスのメンバー36人を紹介しました。

期待通り!という方も、意外だった!という方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

ポストコロナで本始動、士気の高まるオールブラックスの活躍が今からとても楽しみですね!

2023年ワールドカップメンバーの初試合は7月2日です!

新しい選手を迎え、どのような戦いを見せてくれるのか注目していきましょう!