ニュージーランドワーホリ生活におすすめ!現地在住者厳選の16アプリを紹介!

バーディー
ビザ申請も済んで、いよいよワーホリの日程が決まったよ!
ラミー
それは良かったわ。そうしたら、今回はニュージーランドでの生活に便利なアプリをいくつか紹介しましょう。使いそうなアプリは渡航前にインストールしておくと良いわ。

 

この記事では、ニュージーランド現地在住者である私の視点から、

ニュージランドでワーホリ生活を充実させるのに欠かせないアプリを

16種類厳選してご紹介いたします!

 

もう知っている人も多いかも?必須級の定番アプリ!

Google 翻訳

知らない英単語があると、

すぐにGoogleで検索する人も多いのではないでしょうか。

 

普段のweb検索ですぐに単語の意味が分かってしまうので、

Google翻訳のアプリを入れる必要性を感じない人も多いかもしれません。

 

しかし、Google翻訳のアプリには画像から文字を認識する

OCRと呼ばれる機能が備わっており、

看板やレストランのメニューなど、

カメラを使って知らない単語をそのまま調べることが可能です。

 

また、英語ネイティブ相手との意思疎通にどうしても困った場合には、

音声入力でスマホに向かって英語を話してもらうことで、

通訳代わりに使用することもできます。

 

アプリとしてインストールしておくことで、

翻訳の利便性がweb検索の何倍にも広がるので、

ぜひ渡航前にその翻訳性能をチェックしてみることをオススメします!
 

 

Googleマップ

 

続きまして、2番目にご紹介するのはGoogleマップです。

もう知ってるわい!」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、

それでも、ニュージーランドに来るのであれば勧めたいアプリの一つです!

 

海外で使うマップアプリとしてGoogleマップをオススメできる理由として3点が挙げられます。

  • ストリートビュー・投稿者レビューを使って、見知らぬ土地の様子を予習できる
  • 予測移動時間の算出が正確
  • 任意のマップを事前にダウンロードしておくことでオフラインでも使用できる
特に最後のオフライン機能は、日本では使用したことのない人も多いのではないでしょうか。

ニュージーランド入国当日における

空港から宿泊予定のホテルまでの道のりも、

日本で事前にダウンロードしておくことで、オフラインで使用できます。

 

また、現地生活ではVodafoneやSparkといった通信事業者のsimカードを使用して

スマホをインターネット回線に繋げるのが主流ですが、

通信制限が定められているsimカードを契約した場合には、

通信量を気にしながら生活することになります。

 

そのため、フリーwifi等を使用して、

事前に外出先のマップをダウンロードしておくのが賢明です。

 

日本でも使っている方が多いだろうGoogleマップ。

海外でも、その使いやすさは変わりません。

ニュージーランド生活にあたって、ぜひ入れておきたいアプリの一つです。
 

 

世界時差時計-Time Converter-

違う国に住んでいる友達と連絡を取る場合などには、

相手側の国の時間が何時か気にする必要があります。

 

特に、深夜帯と早朝帯の時間や、

仕事・学校に忙しい時間などの把握は、

国をまたいで円滑なコミュニケーションを取るのに必須です。

 

日本の友達としか関わらない場合には、

「日本がニュージーランドよりも3時間(サマータイム)、

もしくは4時間(ウィンタータイム)遅れている」

とだけ覚えておけば事足りるかもしれませんが、

 

ニュージーランドは多様な国の人が集う国の一つなので、

現地で新たに友人ができることもあるかと思います。

色々な国との時差を把握しておくのに越したことはありません。

 

私は下記URLのアプリを使用しています。
 

世界時差時計-Time Converter-
iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

 

Yr(天気予報のアプリ)

 

 

ニュージーランドは、

サザンアルプス山脈を挟んで東側と西側、

また、南島と北島によっても天気も気候も大きく異なります。

 

ニュージーランドでのワーキングホリデーをする場合などには、

国内の東西南北様々な観光スポットに訪れる人も多いかと思いますので、

折りたたみ傘など雨具の用意のためにも、

旅行予定日、アクティビティ予定日の天気が分かると大変便利です。

 

私はYrを使用しています。

 

Yr(天気予報のアプリ)
iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

 
スポンサーリンク


 

お金の管理は賢く堅実に!ファイナンス関係アプリ

 

ニュージーランドの銀行アプリ

意外と忘れがちなのが、銀行の口座アプリ。

残高や入金確認、振込操作等がアプリ上でできるので便利です。

 

ここでは、ワーホリで渡航される方が開設されることの多い

ANZ(オーストラリア・ニュージーランド銀行)、

Westpac、

Kiwibank

の三行の銀行アプリのダウンロードリンクを掲載しておきます。

 

 

 
 

トランスファーワイズ(海外送金アプリ)

日本の銀行口座からニュージーランドの銀行口座へ、

また、

ニュージーランドの銀行口座から日本の銀行口座へ

それぞれ国際送金を行う際には、

手数料が低く、通貨レートが良好で、手続きの簡単さが特徴の

トランスファーワイズというサービスを使用するのがオススメです。

 

トランスファーワイズの概要は下記記事でもご紹介しています。

海外送金「手数料の安さ、レートの良さ、簡単な手続き」で選ぶならトランスファーワイズ!

2020.08.15

 

トランスファーワイズ(海外送金アプリ)
iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

 

カナヘイ家計簿

普段の生活でもお金の管理は重要ですが、

特にワーホリ中には、

日本から持ってきたお金、仕事で入ってくるお金、

生活費、旅費、帰国時のために取っておくお金などなど、

普段以上にお金の流れに気を遣わなくてはなりません。

 

ご自身のキャッシュフローを明確にしておくためにも、

家計簿アプリを使用することをオススメします。

 

私が使っているのは、「家計簿-カナヘイの節約できるお金管理アプリ-

基本言語は日本語ですが、設定によりドル表記でお金の管理ができます。
 

 
スポンサーリンク




 

Stocard(ポイントカード管理アプリ)

ワーホリ中は、とにかく色んなものが嵩張りがち。

それはお財布の中も例外ではありません。

 

Stocardといったアプリを使用すれば、

主要なメンバーカードやポイントカードをアプリ内でスマートに管理でき、

使用する場合はスマホ画面上のバーコードを店員さんに見せればok。

様々なカードを持ち歩かずに済むようになります。

 

日本の主要ポイントサービス、楽天、Ponta、Tポイントなども対応しているので、

帰国後も使い続けられる便利なアプリ。

ワーホリでの渡航を機会にスマホに入れておきましょう!

 

Stocard(ポイントカード管理アプリ)
iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

 

simカード管理アプリ

ニュージーランドのワーキングホリデーにおけるスマートフォンのsimは、

VodafoneかSparkを利用するのが一般的です。

simのデータ残量や、毎月のクレジットの支払いをチェックするためにも、

自分が使う通信プロバイダのアプリは入れておくに越したことはありません。

 

 
 

Trade me(オークションアプリ)

「Trade me」は、小物の売買はもちろん、フラット探しから中古車売買まで、

C to Cで何でも売り買いができるニュージーランド最大のオークションサービスです。

ニュージーランド生活をお得に充実させてくれます。

 

いきなり高価なものを売買するのは怖いかと思うので、

安価なものの売買から試してみてください。

本当に何でも売り買いされているので、

オークションページを見ているだけでも暇が潰せてしまいます。

 

 
スポンサーリンク


 

ニュージーランドを満喫しよう!便利なトラベルアプリ

 

オーロラ情報アプリ

 

大気が美しく発光する現象である、「オーロラ」。

今までに一度も見たことがない人も多いのではないでしょうか。

 

ニュージーランドはオーロラが見られる数少ない国の一つです。

実はオーロラは、地磁気等のの条件さえ整えば、一年中見ることができるのですが、

素人の私たちがオーロラ出現情報を知るには、アプリを使うのが手っ取り早いです。

 

私のオススメは以下のアプリです。

 

My Aurora Forecast - Aurora Alerts Northern Lights
iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

 

星座表

ニュージーランドは、どこにいても、どんな季節でも、綺麗な星空が見られます。

スマホアプリで星座表を確認しながら夜空と向き合い、

時を忘れて星座の物語や神話の世界に浸るのも一興です。

 

ちなみに、ニュージーランドで星が最もよく見られるのは5月~8月(冬)。

そして、南島の「テカポ湖」は世界で一番美しい星が見える場所として知られてします。

ワーホリ中などでタイミングが許すようなら、ぜひ一度は足を運んでみてください。

 

 

I know the pilot(格安航空券検索アプリ)

I know the pilotは、指定した目的地までの格安航空券を探してくれるアプリです。

NZの国内移動は50ドル未満で移動できたり、

NZ⇔日本往復であっても、600ドル未満の移動が実現できたりします。

アクティブにNZ国内を飛び交う予定の人はもちろんのこと、

日本との往復券しか使わない予定の人であっても、入れておいて絶対に損しないアプリです。

 

I Know The Pilot: Flight Deals
iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

 

Booking.com(宿泊予約アプリ)

Booking.comは世界最大の宿泊予約サービスの一つであり、

類似の宿泊サイトよりも安い料金で予約できることが多いのが特徴です。

 

移動の多いワーキングホリデー中は、

「安いホテルに泊まる」と「ホテルを安く予約する」の

二段構えで、徹底的に節約していきたいところです。

ぜひチェックしてみてください。

 

 
スポンサーリンク




 

なんだかんだ入れておくと重宝!暇つぶしアプリ

Netflix

これはもう定番ですね(笑)。

世界最大級のサブスクリプション型動画配信サイトです。

wifi環境でビデオをダウンロードしておくことで、

長時間の移動の際にも安心して暇をつぶすことができます。

 

ワーホリ中といえど、ずっと誰かと会話し続けるわけではないので、

こういった一人の時間を過ごすためのアプリも大切かと思います。

 

好きな映画を友達に勧めたりするのもイイですね。

 

 

Spotify

こちらもまた定番音楽アプリのSpotify。

他の音楽サービスにない特徴としては、

たまに音声広告が流れることを除けば、無料で世界中の音楽が無制限に聴き放題という点。

有料はもちろん、無料でも快適に楽しめるサービスは中々ありません。

 

好きな音楽について語り合うこともあるかと思うので、

こちらも入れておいて損はないでしょう!

 

 
スポンサーリンク


 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、ニュージーランド在住者の視点で、

ワーホリ中など、ニュージーランドでの生活を充実させてくれるアプリを

16種類ご紹介させていただきました。

 

翻訳アプリやマップアプリなど、

近年のテクノロジーの急速な発展は、

言語や情報といった挑戦の障壁をなくし、

私たちに新たな可能性を提示してくれています。

 

今回の記事でご紹介させていただいたアプリのうち、

知らなかったアプリや、興味を持ったアプリだけでも、

インストールして使ってみてください。

 

どうぞ、充実したニュージーランド生活を!